愛人日記』(あいじんにっき、原題:La Note bleue)は、1991年フランス映画。ビデオ・タイトルは『ソフィー・マルソーの愛人日記』。

愛人日記
La Note bleue
監督 アンジェイ・ズラウスキー
脚本 アンジェイ・ズラウスキー
製作 マリー=ロール・レール
出演者 マリー=フランス・ピジエ
ヤヌーシュ・オレイニチャク
ソフィー・マルソー
音楽 フレデリック・ショパン
撮影 アンジェイ・ヤロシェヴィツ
編集 マリ=ソフィー・デュビュス
配給 AMLF
公開 フランスの旗 1991年6月5日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 135分
製作国 フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
言語 フランス語
前作 Boris Godounov
次作 ワルシャワの柔肌
テンプレートを表示

フレデリック・ショパンの半生を綴った映画で、ショパンとジョルジュ・サンドと、サンドの娘ソランジュの関係を中心に描く。ツルゲーネフや画家ドラクロワアレクサンドル・デュマ・フィス、歌姫ポーリーヌ・ヴィアルドなども登場し、天才的な芸術家たちの才能に魅せられ、人生を翻弄されるソランジュの姿が描かれる。

観念的で哲学的な台詞が多く、ポーランドの風土と歴史が背景にある。

日本では、ソフィー・マルソーが出ているため彼女の名声にあやかって彼女の名を冠にVHS発売した。

ヴィアルド役は、日本へもオペラ出演で何度か来日しているソプラノメゾソプラノ)歌手ノエミ・ナーデルマンで、劇中ヴィアルドのレパートリーを歌っている。

スタッフ編集

出演編集

ストーリー編集

外部リンク編集