メインメニューを開く

愛加 あゆ(まなか あゆ、1987年10月18日 - )は、日本女優宝塚歌劇団雪組トップ娘役を務めた。

まなか あゆ
愛加 あゆ
本名 赤根伶奈
別名義 赤咲伶奈(旧芸名)
生年月日 (1987-10-18) 1987年10月18日(32歳)
出生地 日本の旗 日本富山県富山市
身長 161cm
職業 女優
ジャンル テレビドラマ
宝塚歌劇
活動期間 2000年 - 2003年(子役時代)
2005年 - 2014年(宝塚歌劇)
2015年 - (女優)
活動内容 2000年 - 2003年:子役として活動
2005年宝塚歌劇団入団、雪組配属
2012年:雪組トップ娘役就任
2014年:宝塚歌劇団退団
2015年:芸能活動開始
著名な家族 夢咲ねね(姉)
事務所 クィーンズアベニュー宝塚歌劇団ワタナベエンターテインメント
主な作品
宝塚歌劇
ベルサイユのばら
Shall we ダンス?
一夢庵風流記 前田慶次
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

富山県富山市出身で、「あゆ」「あゆっち」「れな[1]の愛称で親しまれる。星組トップ娘役を務めた夢咲ねね[2]は姉である。

所属事務所は、ワタナベエンターテインメント[2]

来歴編集

「赤咲伶奈」の芸名でクィーンズアベニューに所属し[3]、『ロング・ラブレター〜漂流教室〜』、『高校教師』などのテレビドラマにも出演した[4]

姉が中学校の修学旅行で宝塚歌劇を観劇し、感動の余韻から宝塚のビデオを借りて2人で熱中した。当時はすでに芸能界で活動していたが、宝塚歌劇を目指して宝塚受験支援スタジオで習練し、中学卒業時に受験して合格した。三森すずこは、同じ支援スタジオに通所していたことから今も交流がある。

2003年に、宝塚音楽学校91期生として入学する。

2005年に、宝塚音楽学校を卒業して取材に「映美くらら花總まりを目標にしたい」と答え、同時に4番の成績で宝塚歌劇団へ入団する。同期生に宙組でトップ娘役を務めた野々すみ花、当時は冴輝ちはやで現在は声優の森なな子、稀鳥まりや藤咲えりらがいる。花組『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』で初舞台を踏んだのちに雪組へ配属される。

2007年7月1日から1年間、1年先輩の梓晴輝とともに、1年間TAKARAZUKA SKY STAGE第6期スカイフェアリーズを務めた。

2009年8月、『ロシアン・ブルー -魔女への鉄槌-/RIO DE BRAVO!!』で新人公演初ヒロインを務める。

2010年1月、TAKARAZUKA SKY STAGEの旅番組である『阪急・浪漫沿線』でトップバッターを務める。10月にトップスターである音月桂のプレお披露目公演『はじめて愛した』でヒロインのレイチェル役を演じる[5]

2012年12月25日に、壮一帆の相手役として雪組トップ娘役に就任する。お披露目公演は中日劇場が『若き日の唄は忘れじ/Shining Rhythm!-新たなる誕生-』で、宝塚大劇場は『ベルサイユのばら-フェルゼン編-』であった。姉妹が共にトップ娘役に就いたことは宝塚歌劇団の歴史上初めて[6]であった。

2014年に、『一夢庵風流記 前田慶次/My Dream TAKARAZUKA』の東京宝塚劇場公演千秋楽を最後に宝塚歌劇団を退団した。

2015年に、『ON AIR 夜間飛行』で宝塚退団後に舞台初出演[7]し、3月からワタナベエンターテインメントに所属[2]する。

2017年に、「とやまふるさと大使」に任命される。「日本健康マスター検定」に合格する。

子役時代編集

テレビドラマ編集

CM編集

イベント編集

  • 盛夏のクィーンズアベニュー1999#2~夏祭りバージョン(博品館劇場、1999年8月)

以降、2002年まで当時の所属事務所の公演に出演。

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

初舞台公演編集

 2005年3月、花組マラケシュ・紅の墓標エンター・ザ・レヴュー

雪組時代編集

  • 2005年6月、『霧のミラノ/ワンダーランド』
  • 2005年11月、『DAYTIME HUSTLER』(バウホール)サリー
  • 2006年2月、『ベルサイユのばら -オスカル編-』新人公演:ルルー(本役:花夏ゆりん
  • 2006年7月、バウ・ワークショップ『Young bloods!-魔夏の吹雪-』愛美(1幕『雪の血漿』)
  • 2006年9月、『堕天使の涙/タランテラ!』新人公演:イヴェット(本役:大月さゆ
  • 2007年2月、『ノン ノン シュガー!!』(バウホール)ビビ
  • 2007年5月、『エリザベート』新人公演:家庭教師(本役:山科愛
  • 2007年10月、『シルバー・ローズ・クロニクル』(シアター・ドラマシティ、日本青年館)ドーリー
  • 2008年1月、『君を愛してる-Je t'aime-/ミロワール』新人公演:アブリコ(本役:悠月れな)
  • 2008年5月、『外伝 ベルサイユのばら-ジェローデル編-/ミロワール』(全国ツアー)
  • 2008年8月、『ソロモンの指輪/マリポーサの花』新人公演:ブランカ(本役:舞羽美海
  • 2008年12月、『カラマーゾフの兄弟』(シアター・ドラマシティ、東京特別)リーズ
  • 2009年3月、『風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイア』ディケアミス、新人公演:エレナ(本役:大月さゆ)
  • 2009年8月、『ロシアン・ブルー -魔女への鉄槌-/RIO DE BRAVO!!』タナヤーナ・エセーニ、 新人公演:イリーナ・クズネツォワ(本役:愛原実花) *新人公演初ヒロイン
  • 2009年11月、音月桂ディナーショー『The K-ing.Dom -進化するK-』
  • 2010年2月、『ソルフェリーノの夜明け/Carnevale 睡夢』ロザンナ、新人公演:アンリエット(本役:愛原実花)*新人公演ヒロイン
  • 2010年6月、『ロジェ/ロック・オン!』ドミニク、新人公演:マリア(本役:舞羽美海)
  • 2010年10月、『はじめて愛した』(シアター・ドラマシティ、東京特別)レイチェル *ヒロイン
  • 2011年1月、『ロミオとジュリエット』新人公演:ジュリエット(本役:舞羽美海・夢華あみ)*新人公演ヒロイン
  • 2011年4月、『ニジンスキー』(バウ・東京特別)ロモラ・ド・プルツキー *ヒロイン 
  • 2011年7月 、『ハウ・トゥー・サクシード』(梅田芸術劇場)スミティ
  • 2011年9月、『仮面の男/ROYAL STRAIGHT FLUSH!!』コンスタンス、新人公演:アンヌ王太后(本役:梨花ますみ
  • 2012年1月、『インフィニティ』(バウホール)
  • 2012年3月、『ドン・カルロス/Shining Rhythm!』エボリ公女、新人公演:フェリア公女(本役:麻樹ゆめみ
  • 2012年7月、『フットルース』(梅田芸術劇場・博多座)ラスティ
  • 2012年10月、『JIN-仁-/GOLD SPARK!-この一瞬を永遠に-』野風

雪組トップ娘役時代編集

宝塚歌劇団退団後の主な活動編集

テレビドラマ編集

舞台編集

イベント編集

  • 2015年5月12日 『NESCAFE Smart Lifeトークショー』(ネスカフェ原宿)
  • 2015年12月21日 コンサート『薔薇とシンフォニー』(東京オペラシティ
  • 2015年12月23日 ディナーショー『愛加あゆ 1st Show ~Happy Christmas Happy Greeting~』
  • 2016年9月19日 28秋★原宿警察署1日署長 交通安全パレード★
  • 2016年12月24日 ディナーショー『愛加あゆ 2nd Show ~Happy Christmas Happy Greeting~』
  • 2017年12月17日 ディナーショー『愛加あゆ 3rd Show ~Happy Christmas Happy Greeting~』
  • 2019年11月18日、コンサート『繭期大夜会』(Bukamura オーチャードホール

ラジオ編集

  • 愛加あゆ 琴伝流 音楽のコト(2016年10月 - 2017年10月、文化放送ほか)[9]

MV編集

 ゴスペラーズ 『Dream Girl』[10]

テレビ編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集