愛奴

愛奴(あいど)は、かつて存在した日本ロックバンド1975年にデビューし、翌年解散した。

愛奴
AIDO
出身地 日本の旗 日本,広島県
ジャンル ロック
活動期間 1972年 - 1976年
1985年
レーベル CBSソニー
共同作業者 吉田拓郎
かまやつひろし
メンバー 青山徹G,Vo
町支寛二(G,Vo)
山崎貴生Per,Key,Vo)
高橋信彦(B)
浜田省吾Dr,Per,Vo)
岡本あつお(Dr)

目次

来歴編集

元々は「広島フォーク村」の音楽仲間で結成されたグループが発端である。1968年4月に当時高校生だった山崎貴生・町支寛二・高橋信彦の3人により、愛奴の前身となる「グルックス」が結成されるが、それぞれの大学進学とともに一旦は解散する。その後、東京の大学に通っていたメンバー達が再び集まり、1972年4月に広島時代からの旧友である青山徹と浜田省吾の2人が加わり「愛奴」が結成された。そして、全員が大学を中退して広島へ戻り、半年間ひたすら練習の日々を過ごす。(練習場所は青山の実家)

デモテープを聞いたソニーのスタッフから「面白い、オーディションをやるから東京に出てこい」と言われ東京のスタジオへ。たまたまスタジオに来ていた吉田拓郎にバックバンドをやらないかと誘われ、プロへの道が開かれた。

1974年に広島フォーク村の先輩である吉田拓郎の全国ツアーに1年間・17ヶ所をバックバンドとして参加した。それまでアマチュア・バンドで活躍してきただけだったが、いきなり超満員のホールで数千人を前に演奏することになる。同年7月発売のよしだたくろう&かまやつひろしのシングル「シンシア」のB面「竜飛崎」は愛奴の演奏である。しかし、愛奴のメンバーの演奏技術は決して高くなく、特にドラムだった浜田省吾は自分の力量に限界を感じ始める。

1975年5月1日、シングル「二人の夏」とアルバム『愛奴』でCBSソニーからレコード・デビュー。同期デビューとして、シュガー・ベイブセンチメンタル・シティ・ロマンス等がいる。

作詞は浜田がすべて担当しており、作曲は各メンバーが手掛けている。まず浜田が歌詞を書き上げ、気に入った歌詞をメンバー達が選んで持ち帰り、それに曲をつけるという方法が中心だった。また、ボーカルは浜田、町支、青山、山崎の4人がそれぞれ担当しており、その中でも町支がリード・ボーカル的な存在だった。

1975年7月岡本あつおがドラムとして加わり、浜田はパーカッション担当へと変わる。これはドラムとしての限界を感じていた浜田が、当時合歓音楽院(現・ヤマハ音楽院)に通っていた岡本を口説いて加入させたもの。結局、浜田は1975年9月にバンドを脱退し、1976年4月21日にソロ・デビューしている。しかし、愛奴の2ndアルバム『LOVE IN CITY』には曲を提供している。

いくつかのコンサートを開催したのち、1976年12月にバンドは解散する。

解散後編集

各メンバーはそれぞれの道を歩んでいたが、1985年7月27日28日つま恋多目的広場での吉田拓郎オールナイト・コンサート「ONE LAST NIGHT in つま恋」で一夜限りの再結成。拓郎のバックバンドとして3曲を演奏する。このときに吉田拓郎から「浜田、前よかドラムうまいな」と言われる。

メンバー編集

合歓音楽院を1年で退学後に上京し、愛奴のメンバーと合流。バンド在籍時から高い演奏技術で評価を得ていた。解散後は吉田拓郎のツアーバンド・メンバーを経て、スタジオ・ミュージシャンに転身。南こうせつ、竹内まりや、原田真二、世良公則らのツアー、レコーディングに参加。松岡直也が結成したロックバンドMASHにも参加。浜田省吾のアルバムにも幾つか参加している。
その後、1990年代半ば頃に音楽業界から引退している。
現在に至るまで浜田省吾のソロ活動をサポートし続けている。浜田が売れていなかった頃はマネージャーの仕事を兼任したりもしていた。コーラス・アレンジのスタジオ・ミュージシャンとしての地位も確立。
解散後はソングライターとなり、早見優などのアイドル歌手を中心に楽曲を提供。現在は「劉哲志」名義でボイスファクトリーを主宰しながら、町支のソロ・コンサートにゲスト参加したりしている。
一度音楽業界を離れたのちに、浜田省吾の依頼によりマネージャーに就任。現在は浜田の所属事務所「ロード&スカイ」の社長を務めている。
1976年4月21日にソロ・デビュー。
解散後は本名の「岡本郭男」名義でスペクトラムに参加後、AB'Sを結成。ドラマーとして活動している。

エピソード編集

  • 「愛奴」というバンド名は浜田が提案したもの。栗田勇原作の劇名で、末政百合主演で映画化もされた官能的な作品である[1]。名前の意味よりも、言葉の響きやイメージで決められた。漢字のバンド名というのも珍しかったため、メンバーが気に入った。ただし、近年は「AIDO」という表記が使われることが多い[2]。一部では「I'DO」という表記も見られる[3]
  • 本来、愛奴がデビューするきっかけとなった吉田拓郎の1974年のツアーのバック・バンドはザ・バンドが務める予定だったが、ザ・バンドがボブ・ディランのツアーに参加するためキャンセルしてしまった[4]ので、急遽拓郎の広島フォーク村の後輩である愛奴がバック・バンドとして抜擢された。
  • 拓郎のバック・バンドでのデビューが決まった際、町支は実家の稼業を継ぐかどうか悩んでいた。その度に浜田が町支を説得しており、高橋によると浜田が何度か手を挙げることもあったという[5]。当時としては「音楽をやる、バンドをやる」ということは「人生をドロップ・アウトする」ということに等しく、かなりの覚悟を決めなければならなかった。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

発売日 タイトル B面(カップリング) 発売元
1st 1975年5月1日 二人の夏 雨模様 CBSソニー
2nd 1975年9月1日 恋の西武新宿線 愛奴のテーマ
3rd 1976年9月21日 朝からごきげん 旅立ちの朝

アルバム編集

発売日 タイトル 発売元
1st 1975年5月1日 愛奴 CBSソニー
2nd 1976年9月21日 LOVE IN CITY

企画盤編集

発売日 タイトル 発売元
1st 2015年4月29日 AIDO Complete Collection SME Records

脚注編集

  1. ^ 角川文庫『陽のあたる場所 浜田省吾ストーリー』p.117
  2. ^ 『AIDO Complete Collection』のライナーノーツなど
  3. ^ 『LOVE IN CITY』の歌詞カードより
  4. ^ ザ・バンドの公式HPより
  5. ^ 角川文庫『陽のあたる場所 浜田省吾ストーリー』p.127

外部リンク編集