メインメニューを開く

概説編集

敷地面積(11.2㏊)・内容ともに西日本有数の動物園である。無柵放養式展示の一種であるパノラマ展示を行っている[3]

前身は1953年松山市に創立された愛媛県立道後動物園で、道後では周辺への環境問題や施設の拡張が難しいため1988年4月に現在地に移転し開園した[4]

1999年12月2日に誕生したホッキョクグマピースは、日本で初めて人工哺育に成功し、人工哺育での最長飼育期間を2018年8月現在、18年8ヶ月と更新中である[5][6]

前身である道後動物園では世界で唯一ニホンカワウソを飼育しており、現在のシンボルマークにはニホンカワウソを使用している[7]

年表編集

代表的な飼育動物編集

2010年3月末時点で、約170種823点の動物が集められている[4]

展示編集

園内は12のゾーンに分けられている[12]

スネークハウス編集

爬虫類夜行性動物のゾーン

ウォーターストリート編集

 
ウォーターストリートのペンギン広場

水鳥水棲動物のゾーン

アメリカストリート編集

アメリカ大陸に生息する動物・猛禽類のゾーン

アフリカストリート編集

 
アフリカストリートのサバンナ観察センター

アフリカ大陸に生息する動物のゾーン

ゾウストリート編集

 
ゾウストリートのゾウ舎

インドゾウ・アフリカゾウ・トラのゾーン

モンキータウン編集

様々なサルがいるゾーン

オーストラリアストリート編集

オーストラリア大陸に生息する動物のゾーン

  • ヒクイドリ・エミュー舎
  • カンガルー・ワラビー舎

アジアストリート編集

アジア地域に生息する動物のゾーン

  • ノウマ・シカ舎
  • サル山・イノシシ舎
  • ウシ舎
  • ラクダ舎
  • キョン
  • 風の庭

リトルワールド編集

小動物・レッサーパンダ・アライグマのゾーン

  • 小獣ピット舎
  • 小獣ケージ舎
  • リスザル舎
  • なかよし広場
  • ロバ・ポニー舎
  • インコのとまり木
  • こども動物センター
  • 保護鳥獣舎
  • わくわくランド

こども動物センター編集

ベアストリート編集

クマ科の動物・アシカのゾーン

  • クマ舎
  • アシカ舎

ふれあい売店編集

イベント編集

  • 1月 もちつき大会(2・3日)
  • 2月
  • 3月
  • 4月 開園記念日(1日)、ペンギンの引っ越し
  • 5月 とべ動物園写生大会
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月 敬老月間イベント(15日)
  • 10月 動物慰霊祭(最終日曜日)
  • 11月 ペンギンの引っ越し
  • 12月 ピース誕生日〈2日)、干支送り(28日)
  • カバ・サイのスキンシップイベント(毎週土・日曜日・祝日午後1:30~、アフリカストリート)
カバやサイにエサをあげたり触れることができる。
  • 近くで見るとでっかいゾウ!(毎月第1・第3土曜日午前11:30~、ゾウストリート)
インドゾウにエサをあげたり近くで見ることができる。〈定員30人、要スキンシップ券100円)
  • アフリカゾウへのエサやり(毎週日曜日・祝日午後1:00~、アフリカストリート)
アフリカゾウにエサをあげることができる。(要スキンシップ券100円)
  • なかよし広場でスキンシップ(毎週土・日曜日・祝日午前10:00~10:45・11:00~0:00・1:00~1:45・2:00~3:00、リトルワールド)
ウサギ、モルモット、ヤギに触れることができる。
  • ポニーの乗馬(毎週土曜日午後1:30~、リトルワールド)
先着20名、要整理券
  • COME ON スネークハウス(毎月第1日曜日午後1:00~3:00、 スネークハウス)

開園時間編集

地理院地図 Googleマップ 愛媛県立とべ動物園

午前9:00~午後5:00(入園は午後4:30まで)[13]

  • 休園日
    • 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開園し、その翌日の火曜日も開園)
    • 年末年始(12月29日~1月1日)[13]

アクセス編集

周辺施設編集

脚注編集

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、愛媛県立とべ動物園に関するカテゴリがあります。