メインメニューを開く

愛子村(あやしむら)は、江戸時代陸奥国宮城郡にあった上愛子村下愛子村をあわせ呼んだ地域名である。安永3年(1774年)の『安永風土記書出』に見える。隣り合わせの両村は中心地の愛子宿を村境で分割し、同じ諏訪神社を村の鎮守として祀っていた。現在は宮城県仙台市青葉区の一部である。