メインメニューを開く

愛宕神社 (亀岡市)

愛宕神社(あたごじんじゃ)は、京都府亀岡市千歳町国分にある神社。旧称は「阿多古神社」。式内社で、旧社格村社

愛宕神社
Atago-jinja (Kameoka city) honden.JPG
本殿(重要文化財)の覆屋
所在地 京都府亀岡市千歳町国分南山ノロ1
位置 北緯35度02分27.76秒
東経135度35分13.03秒
座標: 北緯35度02分27.76秒 東経135度35分13.03秒
主祭神 火産霊神
伊邪那美神
大国主神
社格 式内社(小)
村社
創建 (伝)継体天皇元年(507年?)
(創祀は神代と伝える)
本殿の様式 一間社流造
別名 阿多古神社・元愛宕・愛宕の本宮
例祭 10月21日
主な神事 鎮火祭(4月24日
テンプレートを表示

社伝では愛宕山愛宕神社(京都府京都市)は当社からの勧請とし、そのため「元愛宕」や「愛宕の本宮」とも称される。愛宕山の愛宕神社同様に「愛宕の三つ参り」として、3歳までに参詣すると一生火災に遭わないとして信仰される。

目次

祭神編集

歴史編集

概史編集

社伝によると創祀は神代で、山を神籬として祀られたという。その後、継体天皇元年(507年?)に社殿が創建されたと伝える。

日本三代実録』では、「阿当護神(愛当護神)」の神階貞観6年(864年)に従五位下、貞観14年(872年)に従五位上、元慶3年(879年)に従四位下に昇叙されたと見える。また、『延喜式神名帳には丹波国桑田郡に「阿多古神社」として式内社の記載がある。これらは、いずれも当社に比定される。

当社付近には丹波国分寺が位置するが、その衰退で僧侶が当社に奉仕したこともあり、神仏習合によって仏像が立てられ「愛宕権現」と称されたという。現在、その仏像は当社西にある養仙寺に移されている。

また社伝では、当社の分霊が京都鷹ヶ峰に祀られた後、和気清麻呂により嵯峨山に遷され、これが現在の愛宕山愛宕神社になるとしている。そのため「元愛宕」「愛宕の本宮」とも称されるほか、社殿には当社が全国の愛宕神社の総本山であると記載してあり、鳥居脇の社号標にも「本宮 愛宕神社」と記している。

神階編集

  • 貞観6年(864年)5月10日、正六位上から従五位下 (『日本三代実録』) - 表記は「愛当護神」。
  • 貞観14年(872年)11月29日、従五位下から従五位上 (『日本三代実録』) - 表記は「阿当護神」。
  • 元慶3年(879年)閏10月24日、従五位上から従四位下 (『日本三代実録』) - 表記は「阿当護神」。

境内編集

 
境内全景

本殿は鎌倉時代後期の1280年頃の造営で、国の重要文化財に指定されている。

そのほか、次の木々が名木に指定されている。

  • イヌマキ - 樹高19メートル、胸高幹周2.73メートル。亀岡の名木指定。
  • 大スギ - 樹高29メートル、胸高幹周5.07メートル。亀岡の名木指定。
  • モミ - 樹高32メートル、胸高幹周3.6メートル。亀岡の名木指定。

また、境内の森は「ムササビの生息する森」として亀岡の自然100選に選ばれている。

摂末社編集

 
八幡宮神社

愛宕灯篭編集

 
亀岡市河原林町勝林島にある愛宕灯篭

亀岡市内には愛宕灯篭がいくつかあり、石灯篭内部にある燭台は町内を回覧板のように各家に回っていく。 この燭台は手提げ式の灯篭になっており、各家は回ってきた燭台に火を灯して次の家に回す。[1]

主な祭事編集

文化財編集

重要文化財(国指定)編集

  • 本殿(附 古材17個、屋根葺替帳2冊) - 昭和52年1月28日指定[2]

現地情報編集

所在地

交通アクセス

周辺

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『愛宕灯篭』亀岡市文化資料館友の会 平成6年3月27日
  2. ^ 愛宕神社本殿 - 国指定文化財等データベース(文化庁

参考文献編集

(記事執筆に使用した文献)

  • 境内説明板

関連文献編集

(記事執筆に使用していない関連文献)

  • 國分愛宕神社」『京都府史蹟勝地調査會報告 第五冊』 京都府、1923年 - リンクは国立国会図書館デジタルコレクション。

外部リンク編集

  • 阿多古神社(國學院大學21世紀COEプログラム「神道・神社史料集成」)