メインメニューを開く

愛希 れいか(まなき れいか、1991年8月21日[1] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団月組トップ娘役。

まなき れいか
愛希 れいか
生年月日 (1991-08-21) 1991年8月21日(28歳)
出生地 福井県坂井市
身長 167cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 2009年 -
活動内容 2009年:宝塚歌劇団入団、月組配属
2012年:月組トップ娘役就任
2018年:宝塚歌劇団退団、芸能活動開始
事務所 アミューズ
公式サイト 愛希れいか公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
ロミオとジュリエット
ベルサイユのばら
1789-バスティーユの恋人たち-
グランドホテル
エリザベート-愛と死の輪舞-
舞台
エリザベート
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

福井県坂井市[2]坂井中学校出身[2]。身長167㎝[2]。血液型A型[3]。愛称は「ちゃぴ」[2]

所属事務所はアミューズ[1]

目次

来歴編集

2007年4月、宝塚音楽学校入学。

2009年3月、宝塚歌劇団に95期生として入団。入団時の成績は14番。宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で男役として初舞台。その後、月組に配属。

2010年、霧矢大夢蒼乃夕妃大劇場お披露目となる「THE SCARLET PIMPERNEL」で、ルイ・シャルル役に抜擢。同年、「ジプシー男爵」で、初めて娘役を演じる。

2011年5月30日付で、男役から娘役へと転向。同年、「アルジェの男」で、新人公演初ヒロイン。続く「アリスの恋人」(バウホール日本青年館公演)で、バウ・東上公演初ヒロイン。

2012年4月23日付で、蒼乃夕妃の後任として月組トップ娘役に就任。龍真咲の相手役として、「ロミオとジュリエット」で、大劇場トップコンビお披露目。

2015年、日本初演となる「1789-バスティーユの恋人たち-」で、マリー・アントワネットを演じる。同年、自身初となるミュージック・パフォーマンス「Wonder of Love」を開催。

2016年、龍真咲の退団に伴い、天海祐希に次ぐスピード就任となった珠城りょうを2人目の相手役に迎える[4][5]

2017年、「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」で、新トップコンビ大劇場お披露目。同公演の演出家トミー・チューンから高く評価され、「言葉の壁がなければブロードウエーにも立てる」と評された[5]

2018年、「愛聖女(サントダムール)」で、トップ娘役としては月影瞳以来17年ぶりとなる異例の[4][5]バウ単独初主演を果たす[4][5]。同年11月18日、「エリザベート -愛と死の輪舞-」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[1]。トップ在任期間はトータル6年7か月に渡り、花總まり遥くららに次ぐ歴代3番目の記録となった[4][6]

同年12月よりアミューズ所属となり、芸能活動を再開[7]

2019年、東宝ミュージカル「エリザベート」に出演[8]。自身が退団公演で演じたタイトルロールのエリザベート役を再び演じる[8]

人物編集

3歳からクラシックバレエを習い始め、小さい頃から歌ったり踊ったりすることが好きだった[3][9]

小学3年の時に、地元に来た宙組全国ツアー「エクスカリバーシトラスの風」を観て、宝塚のファンになった[3][10][9]

学生時代は、バレエと両立できる放送部に所属していた[3]

中学卒業時に音楽学校を受験し、1回で合格した[9]

音楽学校時代は、1年目の予科生は娘役として授業を受けていたが、身長が伸びたこともあり2年目の本科生になる前に男役に転向した[10][9]。その後、周囲から娘役転向をすすめられたこともあったが、「ジプシー男爵」で初めて娘役のヴィオルカを演じた時、恋人役の龍真咲に「絶対に娘役の方がいい」言われたことなどがきっかけとなり、入団3年目に娘役へ再び転向した[9]

愛称の「ちゃぴ」は本名の響きに由来する[10]

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

初舞台編集

  • 2009年4~5月、宙組『薔薇に降る雨/Amour それは…』(宝塚大劇場のみ)

月組男役時代編集

  • 2009年10月~12月、『ラスト プレイ-祈りのように-/Heat on Beat!』
  • 2010年4月~7月、『THE SCARLET PIMPERNEL』ルイ・シャルル、新人公演:ベン(本役:煌月爽矢
  • 2010年9月~11月、『ジプシー男爵-Der Zigeuner Baron-/Rhapsodic Moon』ヴィオルカ
  • 2011年1月、『Dancing Heroes!』(バウホール)
  • 2011年3月~5月、『バラの国の王子/ONE-私が愛したものは…-』新人公演:ハチドリ(本役:珠城りょう)

月組娘役時代編集

  • 2011年7月~10月、『アルジェの男/Dance Romanesque』フランソワーズ、新人公演:サビーヌ(本役:蒼乃夕妃) *新人公演初ヒロイン
  • 2011年11月~12月、『アリスの恋人-Alice in Underground Wonderland-』(バウホール・日本青年館)アリス *バウ・東上初ヒロイン
  • 2012年2月~4月、『エドワード8世-王冠を賭けた恋-/Misty Station-霧の終着駅-』アデール・アステア、新人公演:ウォリス・シンプソン(本役:蒼乃夕妃) *新人公演ヒロイン

月組トップ娘役時代編集

  • 2012年6月~9月、『ロミオとジュリエット』ジュリエット *大劇場トップお披露目公演
  • 2012年10月~11月、『愛するには短すぎる/Heat on Beat!』(全国ツアー)バーバラ・オブライエン
  • 2013年1月~3月、『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-ロザリー
  • 2013年5月、『ME AND MY GIRL』(梅田芸術劇場)サリー・スミス
  • 2013年7月~10月、『ルパン-ARSÈNE LUPIN-/Fantastic Energy!』カーラ・ド・レルヌ[11]
  • 2013年11月~12月、『JIN-仁-/Fantastic Energy!』(全国ツアー)橘咲、結命[12]
  • 2014年1月、『風と共に去りぬ』(梅田芸術劇場)メラニー・ハミルトン *初エトワール
  • 2014年3月~6月、『宝塚をどり』『明日への指針-センチュリー号の航海日誌-』レイラ『TAKARAZUKA 花詩集100!!』花のエトワール、マーガレット、蘭の女王、トップスター女、レディ、銀の花の女
  • 2014年7月~8月、『宝塚をどり/明日への指針-センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!』(博多座)レイラ
  • 2014年9月~12月、『PUCK/CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』ハーミア
  • 2015年2月~3月、『風と共に去りぬ』(中日劇場)メラニー・ハミルトン *エトワール
  • 2015年4月~7月、『1789-バスティーユの恋人たち-』マリー・アントワネット、新人公演:兵士
  • 2015年11月~2016年2月、『舞音-MANON-/GOLDEN JAZZ』マノン 
  • 2016年3月~4月、『激情-ホセとカルメン-Apasionado!!Ⅲ』(全国ツアー)カルメン
  • 2016年6月~9月、『NOBUNAGA<信長>-下天の夢-/Forever LOVE!!』帰蝶
  • 2016年10月~11月、『アーサー王伝説』(文京シビックホール・シアタードラマシティ)グウィネビア
  • 2017年1月~3月、『グランドホテル/カルーセル輪舞曲(ロンド)』エリザヴェッタ・グルーシンスカヤ
  • 2017年5月、『長崎しぐれ坂/カルーセル輪舞曲』(博多座)おしま、芸者
  • 2017年7月~10月、『All for One〜ダルタニアンと太陽王〜』ルイ14世
  • 2017年11月~12月、『鳳凰伝-カラフとトゥーランドット-/CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』(全国ツアー)トゥーランドット
  • 2018年2月~5月、『カンパニー-努力、情熱、そして仲間たち-/BADDY-悪党は月からやって来る-』高崎美波、グッディ
  • 2018年7月、『愛聖女(サントダムール)-Sainte♡d’Amour-』(バウホール)ジャンヌ・ダルク *バウ初主演
  • 2018年8月~11月、『エリザベート-愛と死の輪舞-』エリザベート *退団公演

出演イベント編集

  • 2011年12月、タカラヅカスペシャル2011「明日に架ける夢」
  • 2012年3月、蒼乃夕妃ミュージック・サロン「VERY BEST OF ME」
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012「ザ・スターズ」~プレ・プレ・センテニアル~
  • 2013年10月、第52回「宝塚舞踊会」
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年夢の祭典「時を奏でるスミレの花たち」
  • 2014年12月、「タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-」
  • 2015年9月、愛希れいかミュージック・パフォーマンス「Wonder of Love」
  • 2015年12月、「タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-」
  • 2016年12月、「タカラヅカスペシャル2016~Music Succession to Next~」
  • 2017年10月、第54回「宝塚舞踊会」
  • 2017年12月、「タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-」

TV出演編集

CM編集

宝塚歌劇団退団後の主な活動編集

舞台編集

受賞歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 愛希れいか公式プロフィールアミューズ
  2. ^ a b c d 『宝塚おとめ 2018年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、50頁。ISBN 978-4-86649-049-6
  3. ^ a b c d 「To The Future」『宝塚GRAPH』2011年6月号、阪急コミュニケーションズ、2011年、65頁。
  4. ^ a b c d 月組トップ娘役・愛希れいか異例のプレ・サヨナラ””. 2018年7月1日閲覧。
  5. ^ a b c d “宝塚歌劇団月組トップ娘役・愛希れいか退団 17年ぶりの異例の娘役主演舞台も決定”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年1月15日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/01/15/0010899128.shtml 2018年1月15日閲覧。 
  6. ^ 愛希れいか、退団前最後の公演を前に「私にしかできないエリザベートを」”. スポーツ報知. 2018年5月8日閲覧。
  7. ^ 愛希れいか「男性との共演は未知の世界」元宝塚娘役トップが本格始動”. スポーツ報知. 2019年1月7日閲覧。
  8. ^ a b 2019年版「エリザベート」に花總まり&愛希れいか、古川雄大はトート役に”. ステージナタリー. 2019年1月7日閲覧。
  9. ^ a b c d e 平松澄子の麗しの歌劇 月組娘役トップ・愛希れいか 華麗なる転身 「ミー&マイガール」でヒロインのサリーに挑戦”. MSN産経ニュース. 2013年7月22日閲覧。
  10. ^ a b c 「みー・だい・ちーの清く楽しく美しく」『宝塚GRAPH』2013年8月号、阪急コミュニケーションズ、2013年、48-49頁。
  11. ^ “宝塚歌劇 公演案内”. 宝塚歌劇 公式HP. http://archive.kageki.hankyu.co.jp/revue/backnumber/13/moon_tokyo_lupin/cast.html 2017年7月6日閲覧。 
  12. ^ “宝塚歌劇 公演案内”. 宝塚歌劇 公式HP. http://archive.kageki.hankyu.co.jp/revue/backnumber/13/moon_tour_jin/cast.html 2017年7月6日閲覧。 
  13. ^ ニュースリリース2016年オリックス公式サイトより。

外部リンク編集