愛希れいか

日本の女優

愛希 れいか(まなき れいか、1991年[1][2]8月21日[1][2] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団月組トップ娘役[2]

まなき れいか
愛希 れいか
生年月日 (1991-08-21) 1991年8月21日(28歳)
出生地 福井県坂井市
身長 167cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 2009年 -
活動内容 2009年:宝塚歌劇団入団、月組配属
2012年:月組トップ娘役就任
2018年:宝塚歌劇団退団、芸能活動開始
事務所 アミューズ
公式サイト 愛希れいか公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
ロミオとジュリエット
ME AND MY GIRL
1789-バスティーユの恋人たち-
グランドホテル
エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-
舞台
エリザベート
ファントム
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

福井県坂井市[3]坂井中学校出身[4]。身長167cm[5]。血液型A型[6]。愛称は「ちゃぴ」[5][7]

所属事務所はアミューズ[2]

来歴編集

2007年、宝塚音楽学校入学[3]

2009年、宝塚歌劇団に95期生として入団[8][9][7][3]。入団時の成績は14番。宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で男役として初舞台[7][3][10]。その後、月組に配属[5][7][3][10]

2010年、「ジプシー男爵」で、後に相手役となる龍真咲の恋人役に抜擢を受け、初めて女役を演じる[3][5][10]

2011年5月30日付で娘役へと転向[3][5][8][9][10]。同年、「アルジェの男」で新人公演初ヒロイン[5][3][10]。続く「アリスの恋人」(バウホール日本青年館)で、バウホール・東上公演初ヒロイン[3][10]

2012年、霧矢大夢蒼乃夕妃トップコンビ退団公演となる「エドワード8世」で、2度目の新人公演ヒロイン[10]。同年4月23日付で、龍真咲の相手役として月組トップ娘役に就任[5][8][9][3]。「ロミオとジュリエット」でトップコンビ大劇場お披露目を果たす[7][3]

2016年に龍が退団後は、天海祐希に次ぐスピード就任となった珠城りょうを2人目の相手役に迎え[11]、翌年の「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」で新トップコンビ大劇場お披露目。同公演の演出家トミー・チューンには、「言葉の壁がなければブロードウェーにも立てる」と高く評価された[8]

2018年、「愛聖女(サントダムール)」で、娘役としては異例[8]のバウホール公演初主演[11][8][5]。トップ娘役のバウホール主演は月影瞳以来17年ぶりとなった[8][11]。同年11月18日、「エリザベート」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[7][5][8][9]。トップ在任期間はトータル6年7か月に渡り[5]花總まり遥くららに次ぐ歴代3番目の記録となった[2][9]。同年12月よりアミューズ所属となり、芸能活動を開始[2]

2019年、東宝ミュージカル「エリザベート」に出演[2][12][7]。自身が退団公演で演じたタイトルロールのエリザベート役を再び演じることとなった[12][2][7]

人物編集

3歳からクラシックバレエを習い始め、小さい頃から歌ったり踊ったりすることが好きだった[6][3]

小学3年の時に、地元に来た宙組全国ツアー「エクスカリバーシトラスの風」を観て、宝塚のファンになった[6][13][3]

学生時代は、バレエと両立できる放送部に所属していた[6]

中学卒業時に音楽学校を受験し、1回で合格した[3]

音楽学校時代は、1年目の予科生は娘役として授業を受けていたが、身長が伸びたこともあり、2年目の本科生になる前に男役に転向した[13][3]。その後、周囲から娘役転向を勧められたこともあったが、入団後に龍真咲から「絶対に娘役の方がいい」言われたことなどがきっかけとなり、入団3年目に娘役へ再び転向した[3]

愛称の「ちゃぴ」は本名の響きに由来する[13]

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

初舞台編集

月組男役時代編集

月組娘役時代編集

月組トップ娘役時代編集

出演イベント編集

  • 2011年12月、『タカラヅカスペシャル2011〜明日に架ける夢〜』
  • 2012年3月、蒼乃夕妃ミュージック・サロン『VERY BEST OF ME』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ』〜プレ・プレ・センテニアル〜
  • 2013年10月、第52回『宝塚舞踊会』
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』
  • 2014年12月、『タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-』
  • 2015年9月、愛希れいかミュージック・パフォーマンス『Wonder of Love』 主演
  • 2015年12月、『タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-』
  • 2016年12月、『タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜』
  • 2017年10月、第54回『宝塚舞踊会』
  • 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』

宝塚歌劇団退団後の主な活動編集

舞台編集

TV出演編集

広告・CM出演編集

受賞歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 愛希れいか公式プロフィールアミューズオフィシャルサイト
  2. ^ a b c d e f g h i 愛希れいか「男性との共演は未知の世界」元宝塚娘役トップが本格始動”. サンスポ. 2019年1月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 平松澄子の麗しの歌劇 月組娘役トップ・愛希れいか 華麗なる転身 「ミー&マイガール」でヒロインのサリーに挑戦”. MSN産経ニュース. 2013年7月22日閲覧。
  4. ^ 『宝塚おとめ 2018年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、50頁。ISBN 978-4-86649-049-6
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 11月退団へ最初も最後もエリザベート/愛希れいか日刊スポーツ
  6. ^ a b c d 「To The Future」『宝塚GRAPH』2011年6月号、阪急コミュニケーションズ、2011年、65頁
  7. ^ a b c d e f g h i j 「小2で将来の道を決めた」ファンからタカラジェンヌへ。元宝塚歌劇団 月組トップ娘役・愛希れいかさんスペシャルインタビュー vol.1Domani
  8. ^ a b c d e f g h i j 異例!宝塚で17年ぶりの娘役主演舞台 月組トップ娘役・愛希れいか熱演”. デイリースポーツ. 2018年7月1日閲覧。
  9. ^ a b c d e f 愛希れいか、退団前最後の公演を前に「私にしかできないエリザベートを」”. スポーツ報知. 2018年5月8日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l ~月組~愛希れいかさんインタビュー宝塚歌劇団プロジェクト
  11. ^ a b c d 月組トップ娘役・愛希れいか異例のプレ・サヨナラ””. 日刊スポーツ. 2018年7月1日閲覧。
  12. ^ a b c 2019年版「エリザベート」に花總まり&愛希れいか、古川雄大はトート役に”. ステージナタリー. 2019年1月7日閲覧。
  13. ^ a b c 「みー・だい・ちーの清く楽しく美しく」『宝塚GRAPH』2013年8月号、阪急コミュニケーションズ、2013年、48-49頁。
  14. ^ 城田優が自信、“希望と絶望が入り混じった最高のエンタメ”「ファントム」開幕ステージナタリー
  15. ^ プロモーション映像&グループショット初解禁!アフタートークショーも開催決定!愛希れいか単独初主演&演出・岸谷五朗のミュージカル『フラッシュダンス』9月から東京・名古屋・大阪で上演WEBマガジン【ジャラス】
  16. ^ ニュースリリース2016年オリックス公式サイト

外部リンク編集