愛知厚生連昭和病院(あいちこうせいれんしょうわびょういん)は、愛知県江南市にある、JA愛知厚生連(愛知県厚生農業組合連合会)が運営していた総合病院全国厚生農業協同組合連合会の病院の一つである。一般には昭和病院と呼ばれていた。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 愛知厚生連昭和病院
情報
許可病床数 401床
開設者 愛知県厚生農業組合連合会
開設年月日 1936年昭和11年)11月
所在地
愛知県江南市野白町野白46番地
位置 北緯35度20分40.3秒 東経136度52分15.8秒 / 北緯35.344528度 東経136.871056度 / 35.344528; 136.871056 (愛知厚生連昭和病院)座標: 北緯35度20分40.3秒 東経136度52分15.8秒 / 北緯35.344528度 東経136.871056度 / 35.344528; 136.871056 (愛知厚生連昭和病院)
PJ 医療機関
テンプレートを表示

概要編集

  • 愛知県尾張北部医療圏の北部地域(江南市、丹羽郡大口町扶桑町犬山市など)の急性期医療を担う中核病院であり、江南市中央部(旧・古知野町)にあった。市民病院のない江南市において、市民病院的な役割を担った。
  • 病床数は401床(ICU4床、NICU3床、緊急指定病床4床、クリーンルーム4床、重傷者収容室26床、一般病床360床、値はいずれも当時のもの)
  • 設備の老朽化が問題となっており、昭和病院と江南市布袋町にあった愛北病院とが統合され、江南市高屋町大松原137番地に江南厚生病院が完成し、2008年(平成20年)5月7日より江南厚生病院に移転した。昭和病院の跡地はスーパーマーケットの三心江南店及び建売住宅となっている。
  • 旧・昭和病院西側の県道江南関線(名草線)に布袋駅・江南駅と江南厚生病院とを結ぶ名鉄バス路線が運行されており、この付近にバス停もある。

診察科編集

18科ある(当時)

沿革編集

  • 1936年昭和11年)11月 - 保証責任昭和医療購買利用組合立昭和病院として、丹羽郡古知野町大字古知野字熱田50番地(現江南市)に開院
  • 1943年(昭和18年)6月 - 愛知県信用販売購買利用組合連合会の傘下に入る
  • 1946年(昭和21年)8月 - 経営を愛知県厚生農業協同組合連合会へと移管する
  • 1958年(昭和33年)3月14日 - 火災により病院施設全焼
  • 1959年(昭和34年)10月30日 - 新診療棟、新管理棟、新病棟竣工
  • 1969年(昭和44年)1月 - 総合病院の認可を受ける
  • 2008年平成20年)5月 - 愛北病院と統合され、江南厚生病院に改称、江南市高屋町大松原137番地に新築移転

交通アクセス編集

跡地に立地する三心江南店へは、以下の通り。

(病院開設当時は「江南団地」行きバスが「飛高口」バス停を経由していたが、この路線は現在は「古知野高校前」バス停経由に変更され、「飛高口」バス停を経由しなくなった)

JA愛知厚生連の病院編集

2014年11月に尾西病院から改称

外部リンク編集