メインメニューを開く

愛知県国際展示場(あいちけんこくさいてんじじょう)は、愛知県常滑市セントレアの中部国際空港島内に設置している国際展示場。愛称は、Aichi Sky Expo(アイチ スカイ エキスポ)[1]

愛知県国際展示場
Aichi sky expo1.jpg
愛知県国際展示場
愛知県国際展示場の位置(愛知県内)
愛知県国際展示場
情報
用途 展示施設
設計者 竹中工務店
施工 竹中工務店
事業主体 愛知県
管理運営 民間事業者(コンセッション方式)
敷地面積 28.7ha m²
駐車台数 約3,400台(臨時駐車場1,400台)
竣工 2019年6月
開館開所 2019年8月30日
所在地 愛知県常滑市セントレア5丁目
座標 北緯34度51分25.5秒 東経136度49分17秒 / 北緯34.857083度 東経136.82139度 / 34.857083; 136.82139座標: 北緯34度51分25.5秒 東経136度49分17秒 / 北緯34.857083度 東経136.82139度 / 34.857083; 136.82139
テンプレートを表示
総合案内

目次

概要編集

 
中部国際空港島全景。展示場は中央右の未利用地に建設される。

愛知県企業庁が保有する中部国際空港島内の開発用地(中部臨空都市)28.7ヘクタールに、展示面積6万平方メートルの国際展示場を建設する計画である。2014年10月28日大村秀章愛知県知事が大規模国際展示場の整備計画を発表、その後、2016年2月3日に計画決定が発表された[2]。完成後は東京ビッグサイト幕張メッセインテックス大阪に次ぐ日本第4位の国際展示場となった。

2020年東京オリンピック・パラリンピックの影響により、東京ビッグサイト幕張メッセなどが使用され、展示会の開催が困難となる首都圏の需要を取り込むため、2019年6月中旬に竣工、同年8月に開業した。施設は費用縮減と工期短縮のため、比較的簡素で運用コスト低減に配慮した構造となっている。

設計・施工事業者の入札は総合評価落札方式で行われ、4者の企業・共同事業体が参加、2016年10月17日竹中工務店が約341億円で落札した事が発表された[3]

運営はコンセッション方式で行われる予定で、運営期間は15年以上とした上で、展示場の維持管理・運営、駐車場や飲食サービスなどの付帯事業、展示場と組み合わせて行う任意の事業などの提案を募集、2017年10月を目処に優先交渉権者を決定する予定である[4]。利用料は、首都圏・大阪の大規模展示場と比較して6割程度の設定とされた。稼働率25パーセントで収支が均衡する見込みである[5]

名古屋市は、名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)の再整備(40,000平方メートルへ拡張)および空見ふ頭への新国際展示場(50,000平方メートル)建設を計画している。名古屋市は新国際展示場について愛知県との共同事業化を提案していたが、用地確保の難航などにより計画が遅れ、2019年の開業を目指していた愛知県は単独で中部国際空港に国際展示場を建設する計画を決定、名古屋市も単独で事業を行う方針に転換した。愛知県側は拡張後の「ポートメッセなごや」については連携した利用を想定しているが、名古屋市の新国際展示場建設には反対する姿勢を示している[6]

日本では唯一となる空港隣接の国際展示場であることから、海外からのアクセスの良好さを売りとしており、日本初となる常設の保税展示場も用意される[7]。2019年8月30日開業[8]

施設編集

コンサートなどに利用可能な無柱空間のホール1区画を含む展示ホール6区画、会議室、エントランス、駐車場および屋外の多目的利用地が設けられる。展示ホールのバックヤードは建屋の北面と東面に設けられ、10トントラックが離合可能なスペースが確保される。

  • エントランス
  • 展示ホールA(100×100m、10,000平方メートル)
    • コンサートなどでの利用を想定した無柱空間。着席で6,500名を収容可能。
  • 展示ホールB(135×75m、10,000平方メートル)
    • 展示会などでの利用を想定、B-1からB-5の5つの区画が設けられる。隣接するホール間は6箇所のシャッターが設けられ一体的な利用が可能。
  • 会議室(3,000平方メートル)
    • エントランスホールに隣接して大中小の会議室を設置。
  • 多目的利用地(4.4ha)
    • 屋外展示場兼臨時駐車場。

アクセス編集

空港への公共交通機関(バス・鉄道・高速船)は、ターミナルビルに隣接した名鉄空港線中部国際空港駅直結のアクセスプラザに集約されており、既存の空中回廊を延長する形で、展示場へは徒歩5分で移動可能となる予定である。

空港立体駐車場とは別に、約3,400台分の展示場駐車場および約1,400台分の臨時駐車場として利用可能な多目的利用地が設けられる予定である。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 【知事会見】愛知県国際展示場の愛称及びロゴマークが決定しました! - 愛知県” (日本語). www.pref.aichi.jp. 2018年9月24日閲覧。
  2. ^ “中部空港島に国際展示場 19年秋開業目標”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2016年2月4日). http://mainichi.jp/articles/20160204/k00/00e/010/186000c 2017-03-10閲覧。 
  3. ^ “中部国際空港島の大規模展示場、竹中工務店が落札”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2016年10月18日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD17H1G_X11C16A0L91000/ 2017-03-10閲覧。 
  4. ^ “愛知県、国際展示場の運営権売却へ「基本的考え方」”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2017年2月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD06H3A_W7A200C1L91000/ 2017-03-10閲覧。 
  5. ^ “愛知新展示場の使用料 首都圏・大阪の6割弱 愛知県発表”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2016年11月18日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD17H3J_X11C16A1L91000/ 2017-03-10閲覧。 
  6. ^ “揺れる国際展示場構想 愛知県と名古屋市が個別に計画”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2016年5月17日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO02383670W6A510C1L91000/ 2017-03-10閲覧。 
  7. ^ セントレア直結の国際展示場「Aichi Sky Expo」公開。ビッグサイト、メッセ、インテックスに次ぐ規模 - トラベルwatch” (日本語). トラベルwatch. 2019年9月2日閲覧。
  8. ^ 2019年8月31日中日新聞朝刊9面

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集