メインメニューを開く

愛知県産業労働センター(あいちけんさんぎょうろうどうセンター)は、愛知県名古屋市中村区名駅にある複合施設である。2009年(平成21年)10月1日オープン。愛称は「ウインクあいち」(WINC AICHI)。

愛知県産業労働センター
Aichi Industry & Labor Center
Aichi Industry & Labor Center (WINC AICHI).jpg
愛知県産業労働センター(2010年7月)
施設情報
所在地 〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38
座標 北緯35度10分14.45秒 東経136度53分11.07秒 / 北緯35.1706806度 東経136.8864083度 / 35.1706806; 136.8864083座標: 北緯35度10分14.45秒 東経136度53分11.07秒 / 北緯35.1706806度 東経136.8864083度 / 35.1706806; 136.8864083
状態 完成
着工 2007年平成19年)5月18日
竣工 2009年平成21年)10月
開業 2009年平成21年)10月1日[1]
用途 店舗事務所ホール展示場会議室駐車場
地上高
高さ 90m[2]
各種諸元
階数 地上18階地下4階塔屋1階[3]
敷地面積 3,906.41
建築面積 2,335.91
延床面積 43,984.52
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
駐車台数 123台[4]
関連企業
設計 竹中工務店安井建築設計事務所[3]
施工 竹中工務店[3]
デベロッパー アイラック愛知株式会社(PFI事業者)[3]
管理運営 日本管財[3]
テンプレートを表示

概要編集

この施設は愛知県産業貿易館と愛知県中小企業センター、愛知県勤労会館の老朽化のため中小企業センター跡地に建設された複合施設で[5]、大小ホール展示場会議室など各施設の機能を集約している。なお、愛知県中小企業センターは2006年(平成18年)3月31日閉鎖され、愛知県産業貿易館も2009年(平成21年)9月30日をもって閉鎖された。愛知県勤労会館は2010年(平成22年)3月をもって閉鎖後に建物を名古屋市に譲渡して耐震補強・存続の予定であったが、存続が確定しないまま閉館している。

この事業はPFI方式で実施され設計・建設を三菱UFJリースおよび竹中工務店日本管財で設立された特別目的会社「アイラック愛知」が行っている。その後も指定管理者として2009年(平成21年)10月1日-2039年(平成51年)9月30日までの30年間管理・運営を行うこととなっている[6]

愛称は一般公募されたもので(WORK INDUSTRY NEW BUSINESS CULTURE)の頭文字をとったものである[7]。南側に名古屋クロスコートタワーが隣接する。

脚注編集

  1. ^ 愛知県産業労働センター(愛称:ウインクあいち)がオープンしました”. 全国知事会. 2014年8月27日閲覧。
  2. ^ 民間再開発の動向 (PDF)”. 名古屋市. 2014年8月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e 愛知県産業労働センター(ウインクあいち)”. 竹中工務店. 2014年8月27日閲覧。
  4. ^ アクセス”. 愛知県産業労働センター. 2014年8月27日閲覧。
  5. ^ 特定事業「愛知県産業労働センター(仮称)整備・運営事業」の選定について (PDF)”. 愛知県. 2014年8月27日閲覧。
  6. ^ 指定管理者 アイラック愛知株式会社”. 愛知県産業労働センター. 2014年8月27日閲覧。
  7. ^ 施設案内”. 愛知県産業労働センター. 2014年8月27日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集