メインメニューを開く

愛知県立五条高等学校(あいちけんりつ ごじょうこうとうがっこう)は、愛知県あま市にある公立高等学校である。学校自体はあま市に位置するが、敷地を境界線が横切っているため体育館は隣の清須市に位置する。また、戦時中に造られた陸軍清洲飛行場の跡地に建てられている。創立以来、海部地区・西春日井地区の中核校として高い進学実績を実現している[1]

愛知県立五条高等学校
GojyoHighschool.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 愛知県の旗 愛知県
学区 尾張2群Bグループ
校訓 あかるく、さとく、たくましく
設立年月日 1972年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 23156J
所在地 490-1104
北緯35度12分14.11秒 東経136度49分28.07秒 / 北緯35.2039194度 東経136.8244639度 / 35.2039194; 136.8244639座標: 北緯35度12分14.11秒 東経136度49分28.07秒 / 北緯35.2039194度 東経136.8244639度 / 35.2039194; 136.8244639
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
愛知県立五条高等学校の位置(愛知県内)
愛知県立五条高等学校

目次

概要編集

生徒は総じて「五条生」と呼ばれる。

46回生までは1学年9クラス(360人)だったが、47回生からは8クラス(320人)となった。

入学前に行われるオリエンテーションテストの英語の成績により、普通科しかないにもかかわらず一年時から英語の標準クラスと英語の応用クラスに分けられてる。文・理分けは2年進学時にされ、上位クラスと下位クラスに分かれる。

3年時には「校内模試」と呼ばれる学内専用の模擬試験(予備校作成の模試利用)が2、3回あり、全国偏差値が算出される。

65分授業を適用しており、午前3時限、午後2時限が普通。月曜日は午後が3時限である。学年によっては朝補習・午後補習がある。(3年次の土曜補習は100分)

冬に耐寒訓練と呼ばれる行事があり、早朝に運動場や周辺道路などを走る(三年生は免除だが、その時間は早朝補習に充てられる)。

名鉄津島線 甚目寺駅~校舎前の一本道は通学(登下校)時間帯は歩行者優先道路であり五条街道とよばれる。

進路に関しては現役合格を生徒に薦めており、国公立大学進学に力を入れている[1]

通学区域編集

海部東部に位置しており、尾張各方面からの通学が容易で毎年90校近い中学校区から生徒が通っている。2015年度の生徒数は1,071人であり、通学区域別生徒数は以下の通りである。

S・P・P編集

サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト - 科学技術振興機構(JST)による科学学習支援事業に平成20年(2008年)から参加している[2]

東大金曜特別講座編集

金曜日の夕方、東京大学教養学部で行われている「高校生のための金曜特別講座」をインターネットを利用したマルチメディア会議システムを使って本学の生徒、保護者は受講することができる[2]

設置学科編集

  • 全日制課程:普通科
    • 2年進学時に文・理分けされる。

教育方針編集

教育目標編集

伝統を踏まえ、未来の要請に応えうる心身ともに健康な日本人を目指して

  • 品格のある社会人
  • 聡明な知識人
  • 気力ある生活人

を育成する。

校訓編集

  • あかるく・さとく・たくましく

沿革編集

  • 1972年昭和47年)4月開校[3]甚目寺中学校で第1回生の入学式・始業式を行う[3]
  • 1979年(昭和54年)国公立大学合格者を初めて100名以上輩出[1]
  • 1983年(昭和58年)国公立大学合格者を初めて200名以上輩出[1]
  • 1987年(昭和62年)国公立大学合格者を初めて300名以上輩出[1]
  • 2001年平成13年)11月1日、創立30周年記念式典挙行。松本 憲宜氏(第4回生)作、創立30周年記念モニュメント「YURAGI」設置[3]
  • 2010年(平成22年)3月20日、弓道場「緑風館」完成[3]
  • 2011年(平成23年)11月2日に創立40周年記念式典・記念講演を挙行[3]

部活動編集

運動部編集

※ 開校以来、野球部がなかったが2019年度より新設された。

文化部編集

著名な出身者編集

五条のつどい編集

毎年9月に催される文化祭のようなもの。2日間行われ、主に1日目に合唱コンクール、2日目に芸術鑑賞会を行う。なお、芸術鑑賞会には、著名人がゲストとして呼ばれることもある。平日に行われるので招待されるのは保護者のみ。

進路実績編集

創立以来、海部地区・西春日井地区の中核校として高い進学実績を実現し、毎年安定して国公立大学合格者を約200名ほど出している[1][4]。合格先として、国立大では名古屋大学名古屋工業大学、公立大では名古屋市立大学愛知県立大学が多いのが特徴[4]。私立大では関西圏は同志社大学立命館大学等の関関同立、中部圏では地元の南山大学、関東では東京理科大学の他、中央大学明治大学等のMARCHへの進学者が多い[4]

交通アクセス編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f ベネッセ教育総合研究所 学校事例2 愛知県立五条高等学校”. 2015年12月1日閲覧。
  2. ^ a b 愛知県立五条高等学校 よくある質問”. 2015年12月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e 愛知県立五条高等学校 沿革”. 2015年12月1日閲覧。
  4. ^ a b c 愛知県立五条高等学校 進路実績”. 2018年6月16日閲覧。
  5. ^ a b 愛知県立五条高等学校 アクセス”. 2015年12月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集