愛知県立蒲郡東高等学校

愛知県立蒲郡東高等学校(あいちけんりつ がまごおりひがしこうとうがっこう)は愛知県蒲郡市大塚町にある県立高等学校

愛知県立蒲郡東高等学校
蒲郡東高校の外観.jpg

愛知県立蒲郡東高等学校の位置(愛知県内)
愛知県立蒲郡東高等学校
愛知県立蒲郡東高等学校 (愛知県)
愛知県立蒲郡東高等学校の位置(日本内)
愛知県立蒲郡東高等学校
愛知県立蒲郡東高等学校 (日本)
国公私立の別 公立学校
設置者 愛知県の旗 愛知県
校訓 和而不流
設立年月日 1968年昭和43年)4月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 23220D
所在地 443-0013
愛知県蒲郡市大塚町上千尾12-2

北緯34度49分07.50秒 東経137度16分27.20秒 / 北緯34.8187500度 東経137.2742222度 / 34.8187500; 137.2742222座標: 北緯34度49分07.50秒 東経137度16分27.20秒 / 北緯34.8187500度 東経137.2742222度 / 34.8187500; 137.2742222
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
校門

概要編集

蒲郡市大塚町の山の麓にある。校舎からは三河湾ラグーナテンボスが一望できる。

地元では蒲東(がまひがし)と呼ばれているが、他の地域や高校野球の選抜大会など、また在校生のほとんどはがまとうと呼んでいる。

9月に行われる文化祭体育大会はあわせて橘祭とよばれる。一般公開はしていない。

12月の終業式の日にはPTAの役員が豚汁を振舞う蒲豚汁(がまとんじる)が催される。

設置課程編集

沿革編集

(沿革節の主要な出典は公式サイト[1]

  • 1968年昭和43年)4月1日 - 蒲郡高校の一部を間借りし、仮校舎とし創立。
  • 1969年(昭和44年)3月31日 - 蒲郡市大塚町に本館(南校舎)が竣工。
  • 1970年(昭和45年)3月20日 - 教室棟(北校舎)、武道場が竣工。
  • 1971年(昭和46年)3月29日 - 体育館、校門が竣工。
  • 1984年(昭和59年)5月31日 - 西校舎が竣工。
  • 1990年(平成2年)4月1日 - ヨット部創部。
  • 1993年(平成5年)3月9日 - 運動場整備完了。
  • 1994年(平成6年)2月4日 - 弓道場竣工。
  • 1999年(平成11年)3月12日 - 耐震を含めた本館改修工事完了。
  • 2006年(平成18年)10月 - 3年生の必修科目の履修不足が判明し、問題となった。
  • 2007年(平成19年)11月8日 - 創立40周年記念式典が実施され、40周年記念として校名の入ったオレンジ色のタオルが在校生に配られた。
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 平成20年度から入学する女子生徒は制服が変更された。ボタンのデザインはHP上でも募集されたが、校内の3年生のデザインが採用された。
  • 2010年(平成22年)2月12日 - 耐震を含めた体育館改修工事完了。

基礎データ編集

通学区域編集

通学圏は、蒲郡市を中心に豊橋市から幸田町までの東海道本線沿線。昔から飯田線沿線からの進学者の流入は殆ど無い。

アクセス編集

部活動編集

 

著名な出身者編集

その他編集

  • 1968年創立当時、愛知県で2校以上県立男女共学普通科高校がある市は、名古屋市岡崎市豊橋市一宮市等少なく、将来の進学率上昇を読んだ、かなり画期的で先見性のある高校新設だった。
  • 蒲郡東高でも県立蒲郡高校との学校群が予定されていたが、1971年の第1回生卒業から進学校としての評価をあげ、進学校としてのレベルを落としたくない地元中学関係者の反対があって、唯一学校群制度が見送られた経緯がある。
  • 1973年に学校群制度開始後、東三河の伝統校である時習館高校豊橋南高校と豊橋第一学校群(通称:豊橋一群)を組んだことから、蒲郡市の豊橋一群受験生は遠距離通学となる豊橋南高を避けるために蒲郡東高に好成績の受験生が集まり、東三河地域では、豊橋一群、国府高校、豊橋二群、成章高に次ぐレベルにあった。
  • 1989年に学校群制度にかわって複合選抜制度が始まる。これにより蒲郡市の中学生は市外への進学を志望する傾向が強まり、蒲郡東高の入学難易度、卒業後の進学実績が低下した。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 学校紹介”. 愛知県立蒲郡東高等学校. 2019年2月19日閲覧。
  2. ^ お知らせ”. 愛知県立蒲郡東高等学校. 2015年10月6日閲覧。
  3. ^ “細江純子、隣のペリエ騎手にほっぺをつねられた” (日本語). サンケイスポーツ. 産業経済新聞社: p. 1-2. (2015年11月10日). https://www.sanspo.com/sports/news/20151110/spo15111011000001-n1.html 2018年10月24日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集


この記事は、プロジェクト:学校/高等学校テンプレートを使用しています。