愛知県立豊橋工業高等学校

愛知県立豊橋工業高等学校(あいちけんりつ とよはしこうぎょうこうとうがっこう)は、愛知県豊橋市草間町官有地にある公立工業高等学校。略称は「豊工」(とよこう)。また、生徒からは「橋工」と呼ばれることもある。豊橋市や田原市では、単に「工業」と呼んで、この高校を指すことも多い。

愛知県立豊橋工業高等学校
Toyohashi Technical High School.JPG
過去の名称 豊橋市立工業高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 愛知県の旗 愛知県
学区 専門学科 Aグループ
併合学校 愛知県立国府高校機械科、電気科
校訓 切磋琢磨
設立年月日 1944年昭和19年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 〔全日制・定時制〕
機械科
〔全日制のみ〕
電子機械科
電気科
電子工学科
建築科
土木科
高校コード 23217D
所在地 441-8184
愛知県豊橋市草間町官有地

北緯34度44分16.22秒 東経137度22分53.93秒 / 北緯34.7378389度 東経137.3816472度 / 34.7378389; 137.3816472座標: 北緯34度44分16.22秒 東経137度22分53.93秒 / 北緯34.7378389度 東経137.3816472度 / 34.7378389; 137.3816472
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
愛知県立豊橋工業高等学校の位置(愛知県内)
愛知県立豊橋工業高等学校

沿革編集

  • 1944年昭和19年)4月 - 豊橋市立工業学校として創立。
  • 1948年(昭和23年)4月 - 学制改革で、豊橋市立工業高校となる。
  • 1952年(昭和27年)4月 - 県立に移管。県立国府高校機械科、電気科を編入し、豊橋本校と豊川分校からなる愛知県立豊橋工業高校が発足。
  • 1956年(昭和31年)4月 - 豊川分校が愛知県立豊川工業高等学校として分離独立。
  • 2019年(令和元年)11月6日 - 県教委が2020年度から電子機械科と電子工学科を統合してロボット工学科に改編する生徒募集計画を発表 [1]
  • 2021年(令和3年) 4月 - 豊橋工科高等学校に校名変更[2] 予定。併せて、全日制課程で建築科を建築デザイン科に、土木科を都市工学科に改組予定。

学科編集

全日制
  • 機械科
主にエンジンなどの自動車部品の知識や工作機械の取り扱いについて学習する。
  • 電気科
 主に電気について学習する。
  • ロボット工学科(2020年入学生より)[3] [1]
愛知県の工業高校で初めての学科設置。
  • 建築科
主に建築に関する構造や設計製図などについて学習する。
  • 土木科
主に土木について学習する。
  • 電子機械科(2019年入学生まで)[1]
主にロボットやC言語などのプログラム、工作機械の取り扱いについて学習する。
  • 電子工学科(2019年入学生まで)[1]
主にC言語電子回路、通信システムなどの取り扱いについて学習する。最近では、次世代システムについても学習している。
定時制
  • 機械科

入学編集

  • 全日制は、豊橋市を中心に東三河ほぼ全域から進学。
  • 浜松市中心部まで工業高校がないため、豊橋市への距離が近い静岡県西遠地方(湖西市、浜松市三ケ日地区)からの通学生もいる。

部活動編集

  • 野球部
第87回選抜高等学校野球大会に21世紀枠として春夏通じて初めて甲子園に出場した。試合は3‐0と北海道代表の東海大学付属第四高等学校に敗戦したが、オレンジ一色に染まったアルプスの大応援団が評価され、この大会の応援団賞の最優秀校に選ばれた。

課外活動編集

豊橋エコテクノレースに機械部が出場し、毎回良好な成績を収めている。運動部もとても活躍している。模型部では豊橋鉄道市内線で運行されているT1000形「ほっトラム」の5インチゲージの模型が、2009年に完成した。

資格編集

著名な出身者編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 令和2年度愛知県立高等学校生徒募集計画について 愛知県教育委員会 2019年11月6日、2019年11月22日閲覧
  2. ^ 新時代に対応した県立工業高校の校名変更と学科改編について
  3. ^ 学科改編のイメージ(豊橋工業) 愛知県教育委員会 2019年7月12日、2019年11月22日閲覧

外部リンク編集