メインメニューを開く

愛知県第1区(あいちけんだい1く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗愛知県第1区
衆議院小選挙区 愛知県拡大枠.svg衆議院小選挙区 愛知県名古屋市.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 名古屋市東区北区西区中区
(2017年7月16日現在)
比例区 東海ブロック
設置年 1994年
選出議員 熊田裕通
有権者数 392,312人
1.65 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

区域編集

歴史編集

名古屋市中選挙区制の末期頃から野党の勢力が伸長しており、1996年第41回衆議院議員総選挙では「新進王国」と呼ばれるほどの強さを誇った。新進党解党後は多くの議員が民主党入りしたこともあり、一時期は全国屈指の「民主王国」と呼ばれた地域だった。2009年8月現在の人口は458,766人。

名古屋市の中でも特に1区は新進、民主と渡り歩いてきた河村たかしが全国的な知名度から過去の選挙では党勢に関係なく無類の強さを誇っていた。

河村は2009年3月25日、名古屋市長選挙(同年4月26日投開票)へ立候補することを正式表明する。4月7日、河村の議員辞職願が衆議院本会議で受理された[1]ことにより、1区は同年4月から7月21日衆議院解散時まで欠員状態となった。

2009年8月の第45回衆議院議員総選挙では、河村の元秘書で選挙区内を地盤とする元愛知県議の佐藤夕子が初当選した。その後、佐藤は民主党を離党、河村が代表を務める減税日本へ移籍した。

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では、自民党新人の熊田裕通が、減税日本所属国会議員が合流した日本未来の党所属となった佐藤と、前回は比例東海ブロック単独で当選した吉田統彦の二人の現職候補者を破り初当選した。これにより、当選挙区導入後河村は佐藤と合わせて守り続けてきた議席を手放すこととなった。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では、民主党吉田統彦が現職である自民党熊田裕通に挑むも敗れた。減税日本の広沢一郎は支持が広がらなかった。

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙では、吉田と佐藤がそれぞれ立憲民主党希望の党へ鞍替えして熊田に臨むも熊田が制した。吉田は比例で復活当選を果たしたが、佐藤は落選に終わった。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:388,992人 最終投票率:47.45%(前回比:+0.24ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
熊田裕通53自由民主党74,298票
41.1%
――公明党推薦
比当吉田統彦42立憲民主党57,780票
32.0%
77.8%
佐藤夕子54希望の党48,633票
26.9%
65.5%減税日本推薦

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:377,177人 最終投票率:47.21%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
熊田裕通50自由民主党73,003票
42.4%
――公明党・新党改革推薦
吉田統彦40民主党49,230票
28.6%
67.4%
大野宙光51日本共産党20,143票
11.7%
27.6%
広沢一郎50減税日本18,343票
10.7%
25.1%
身玉山宗三郎41次世代の党6,422票
3.7%
8.8%
平山良平66社会民主党5,076票
2.9%
7.0%

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日
当日有権者数:373,297人 最終投票率:52.69%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
熊田裕通48自由民主党77,215票
40.7%
――公明党
佐藤夕子49日本未来の党60,293票
31.8%
78.1%新党大地
吉田統彦38民主党36,578票
19.3%
47.4%国民新党
大野宙光49日本共産党15,512票
8.2%
20.1%

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日
当日有権者数:369,526人 最終投票率:62.0%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
佐藤夕子46民主党122,348票
54.4%
――
篠田陽介36自由民主党78,691票
35.0%
64.3%
木村恵美59日本共産党14,485票
6.4%
11.8%
平山良平61社会民主党6,082票
2.7%
5.0%
河田成治42幸福実現党3,352票
1.5%
2.7%
  • 河村は名古屋市長選出馬のため辞職したが、任期満了直前のため解散までは欠員とされた。

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日
当日有権者数:360,007人 最終投票率:59.69%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河村たかし56民主党105,449票
50.0%
――
比当篠田陽介32自由民主党82,486票
39.1%
78.2%
木村恵美55日本共産党15,585票
7.4%
14.8%
小林正和56社会民主党7,560票
3.6%
7.2%

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日
当日有権者数:355,527人 最終投票率:52.00%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河村たかし55民主党97,617票
54.2%
――
谷田武彦59自由民主党64,968票
36.1%
66.6%
木村恵美53日本共産党17,510票
9.7%
17.9%
  • 谷田は第42回では比例単独候補として当選。

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河村たかし51民主党79,817票
42.1%
――
平田米男51公明党53,841票
28.4%
67.5%自由民主党・保守党
宮田正之54無所属27,689票
14.6%
34.7%×
新谷由紀子56日本共産党24,523票
12.9%
30.7%
石川昭彦29諸派2,036票
1.1%
2.6%
伊東マサコ54自由連合1,770票
0.9%
2.2%
  • 平田は第41回は新進党から比例単独候補として当選。
  • 宮田は自由民主党所属の前名古屋市議、その後自由党へ入党。

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河村たかし47新進党66,876票
40.0%
――
今枝敬雄72自由民主党42,969票
25.7%
64.3%
佐藤泰介53民主党33,503票
20.1%
50.1%
岩中美保子43日本共産党22,209票
13.3%
33.2%
伊東マサコ51文化フォーラム616票
0.4%
0.9%
山田浩51国民党566票
0.3%
0.8%
浅野光雪45無所属312票
0.2%
0.5%×

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 河村たかし氏:名古屋市長選立候補で衆院議員辞職 - 毎日jp 毎日新聞 2009年4月8日 0時20分(最終更新 4月8日 02時40分)

関連項目編集