メインメニューを開く

愛知県第5区(あいちけんだい5く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗愛知県第5区
衆議院小選挙区 愛知県拡大枠.svg衆議院小選挙区 愛知県名古屋市.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 名古屋市中村区中川区清須市北名古屋市西春日井郡
(2017年7月16日現在)
比例区 東海ブロック
設置年 1994年2002年区割変更)
選出議員 赤松広隆
有権者数 431,564人
1.81 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

目次

区域編集

2002年の選挙区割り見直しで熱田区4区へ移り、その代わりに当時の西春日井郡7町(現在の清須市・北名古屋市・豊山町の2市1町)が6区から5区へ移管された。

歴史編集

名古屋市選挙区では唯一他の市町村とともに選挙区を形成している。この地域は名古屋に通う労働者が多く、中選挙区時代は現在の3区と合わせ、日本社会党赤松勇元副委員長の地盤であった。

小選挙区設置後は、赤松の長男で地盤を引き継ぎ、社会党から旧民主党の結党に参加した赤松広隆自民党木村隆秀が議席を争ったが、第41回・44回以外は1万票以上の差が付いている。民主党に猛烈な追い風が吹いた第45回では自民党の対立候補に7万票以上の大差で勝利している。第46回では、自民党の新人神田憲次が赤松を破り初当選した(赤松も比例復活で当選)。第47回は再び赤松が議席を奪還、神田は比例復活に回った。第48回総選挙では、赤松が立憲民主党から立候補、共産党が候補者擁立を見送る一方、希望の党から野々部尚昭が立候補するなどの変動があり、赤松、神田、野々部、三人の対決となったが、選挙区では赤松が当選し神田は比例復活で当選、野々部は選挙区、比例区ともに落選した。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:429,573人 最終投票率:46.88%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤松広隆69立憲民主党91,081票
46.5%
――日本共産党愛知県委員会推薦
比当神田憲次54自由民主党72,651票
37.1%
79.8%公明党推薦
野々部尚昭47希望の党32,179票
16.4%
35.3%減税日本推薦

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:415,845人 最終投票率:47.28%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤松広隆66民主党84,226票
44.5%
――緑の党
比当神田憲次51自由民主党71,616票
37.9%
85.0%
藤井博樹37日本共産党23,069票
12.2%
27.4%
安田庄一47次世代の党10,231票
5.4%
12.1%

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日
当日有権者数:413,966人 最終投票率:52.69%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
神田憲次49自由民主党67,218票
32.0%
――
比当赤松広隆64民主党65,423票
31.1%
97.3%国民新党
小山憲一52日本維新の会37,806票
18.0%
56.2%みんなの党
前田雄吉52日本未来の党23,609票
11.2%
35.1%新党大地
藤井博樹35日本共産党16,206票
7.7%
24.1%

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日
当日有権者数:411,827人 最終投票率:63.6%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤松広隆61民主党158,235票
62.0%
――
寺西睦45自由民主党88,964票
34.9%
56.2%
吉田知子64幸福実現党8,042票
3.2%
5.1%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日
当日有権者数:400,727人 最終投票率:61.6%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木村隆秀50自由民主党117,017票
48.3%
――
比当赤松広隆57民主党107,645票
44.4%
92.0%
河江明美40日本共産党17,523票
7.2%
15.0%

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日
当日有権者数:396,959人 最終投票率:54.69%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤松広隆55民主党104,346票
49.4%
――
木村隆秀48自由民主党90,668票
42.9%
86.9%
江上博之48日本共産党16,255票
7.7%
15.6%

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤松広隆52民主党82,943票
48.3%
――
比当木村隆秀44自由民主党64,970票
37.8%
78.3%
小玉あさ子52日本共産党21,516票
12.5%
25.9%
伊東敬芳64自由連合2,274票
1.3%
2.7%

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤松広隆48民主党48,648票
30.9%
――
比当木村隆秀41自由民主党46,485票
29.5%
95.6%
伴野豊35新進党43,028票
27.3%
88.4%
長友忠弘37日本共産党17,670票
11.2%
36.3%
鈴木孟63無所属768票
0.5%
1.6%×
市川実56国民党470票
0.3%
1.0%
内山貴雄43文化フォーラム335票
0.2%
0.7%
  • 伴野は後に8区で活動。

関連項目編集