メインメニューを開く

愛鷹広域公園多目的競技場(あしたかこういきこうえんたもくてききょうぎじょう)は、静岡県沼津市の愛鷹広域公園内にある陸上競技場球技場としても使用される。施設は静岡県が所有し、日産クリエイティブサービス指定管理者として運営管理を行っている。

愛鷹広域公園多目的競技場
Ashitaka Stadium 2.JPG
愛鷹広域公園多目的競技場の位置(静岡県内)
愛鷹広域公園多目的競技場
施設情報
所在地 静岡県沼津市足高202[1]
位置 北緯35度9分21.38秒 東経138度51分13.07秒 / 北緯35.1559389度 東経138.8536306度 / 35.1559389; 138.8536306座標: 北緯35度9分21.38秒 東経138度51分13.07秒 / 北緯35.1559389度 東経138.8536306度 / 35.1559389; 138.8536306
開場 1996年
所有者 静岡県
運用者 日産クリエイティブサービス
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 107m×70m
使用チーム、大会
アスルクラロ沼津(Jリーグ)
ジヤトコサッカー部( - 2003年)
収容能力
10,000

目次

歴史編集

1996年平成8年)に開場。静岡県内にある県営の陸上競技場としては、静岡市静岡県草薙総合運動場陸上競技場に次いで2箇所目。現在、県営の陸上競技場は2001年(平成13年)に完成した静岡県小笠山総合運動公園スタジアム(エコパスタジアム)と合わせて計3箇所である。

県東部では初めての本格的な陸上競技場で、それまではこの地域のスポーツイベントは観客席無しの香陵グラウンドか、富士市の富士総合運動公園陸上競技場にて行われていた。

かつてはジヤトコサッカー部がホームスタジアムとして使用し、現在はアスルクラロ沼津がホームスタジアムとしている[2]

施設概要編集

  • 日本陸上競技連盟第2種公認
  • トラック:400m×8レーン、全天候舗装
  • フィールド:107×70m、天然芝
  • 照明設備:メインスタンド庇先投光器、照明塔2基(最大照度500Lx)
  • 収容人員:10,000人(メインスタンド5,000人 バックスタンド(芝生)5,000人)
※なおJリーグでは原則として芝生席は収容人員にカウントしないため、収容可能人数をメインスタンドのみの5,056人としている[3]が、芝生席のうち、ゴール裏の箇所[4]に限り、それぞれの応援団用に開放(メインスタンドから見て左側がホームのアスルクラロ側、右側がアウェークラブ側の応援団席)している。
愛鷹競技場はJ2・J1基準を充足していないため、クラブの構想として、2024年にJ1ライセンス取得・2027年にJ1昇格を最大の目標として、まず2018年のJ2ライセンス取得(後に断念)のためのバックスタンド・ゴール裏スタンドの増改築をするように、アスルクラロスルガ代表取締役社長の渡辺隆司が、沼津市長・大沼明穂に要望書を提出し[5]、2018年(平成30年)から「静岡県東部地域サッカースタジアム構想連絡会」が開会され具体的な方策が議論されるようになった[6]

公園内その他の施設編集

  • 静岡県愛鷹広域公園野球場
  • スポーツ広場(補助競技場相当。芝生グラウンド。直線走路100m4レーンあり)
  • 多目的広場(同上 土グラウンド)
  • テニスコート など

交通編集

ギャラリー編集

出典編集

  1. ^ a b c スタジアム【愛鷹】”. 日本フットボールリーグ. 2016年5月23日閲覧。
  2. ^ Jリーグ準加盟審査結果について”. 日本プロサッカーリーグ (2013年9月17日). 2013年9月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月10日閲覧。
  3. ^ アスルクラロ沼津 (プロフィール欄)”. 日本プロサッカーリーグ. 2017年6月20日閲覧。
  4. ^ チケット情報
  5. ^ 沼津27年J1へ始動「夢で終わらせたくはない」(日刊スポーツ)
  6. ^ J3沼津 J2ライセンス取得の厳しさ浮き彫りに(日刊スポーツ)

外部リンク編集