センス・データ(Sense data)すなわち感覚与件(かんかくよけん)または感覚所与(かんかくしょよ)は、20世紀初頭にバートランド・ラッセルC・D・ブロードH・H・プライスA・J・エイヤーG・E・ムーアなどによって展開された知覚哲学上の立場である感覚与件理論(Theory of Sense data)の中心概念。ムーアの造語。児玉聡の説明によれば、「視覚、触覚などの感覚を通じて意識に表われるもの」である[1]心理学などでは感覚単位(かんかくたんい)と訳される[2]

脚注編集

  1. ^ SENSE-DATA”. plaza.umin.ac.jp. 2021年9月26日閲覧。
  2. ^ sense-datumの意味・使い方・読み方” (日本語). eow.alc.co.jp. 2021年9月26日閲覧。

関連項目編集