メインメニューを開く

慈悲あまねく御方 (クルアーン)

クルアーンの第55章

慈悲あまねく御方』(アラビア語: سورة الرحمن、アッ・ラハマーン)とは、クルアーンにおける第55番目の章(スーラ)。78の節(アーヤ)から成る[1]

慈悲あまねく御方
سورة الرحمن
ar-Rahman (al-Rahman)
アッ・ラハマーン
Sura55.pdf
慈悲あまねく御方
詳細
スーラ 第55章
アーヤ 全78節
前スーラ
次スーラ 出来事
テンプレートを表示
音楽・音声外部リンク
Islam House - タルティール朗誦法。
朗誦者: ファーリス・アッバード
音楽・音声外部リンク
Islam House.com - タジュウィード朗誦法。
朗誦者: ムハンマド・スィッディーク・アル=ミンシャーウィー

啓示の時期編集

啓示時期について複数の説がある。主な日本語訳でも、大川訳[2]、井筒訳ではメッカ啓示、藤本訳ではメディナ啓示としている。

章名編集

سورة الرحمن (アッ・ラハマーン)は、大川訳では「大悲者章」、井筒訳では「お情け深い御神」、藤本らの訳では「慈悲深いお方の章」、日本ムスリム情報事務所では「慈悲あまねく御方」となっている。

内容編集

冒頭の「慈悲あまねく御方が」に因んでこの題名が採られている。 啓示の真実性と審判の日について繰り返し述べられる。

「慈悲あまねく御方」による創造と審判と楽園が語られる。その一区切りごとに「それであなたがたは,主の恩恵のどれを嘘と言うのか[3]」という問いかけがなされる。この「それであなたがたは,主の恩恵のどれを嘘と言うのか」という言葉はこの章全体で31回繰り返される。

アラビア語による『慈悲あまねく御方』全文編集

脚注・出典編集

外部リンク編集