慈悲心鳥』(じひしんちょう)は、菊池寛長編小説婦女界社の雑誌「母の友」に1921年(大正10年)5月号から1922年6月号まで14回連載された。のちに第1章のみ「生田川」と題して再度同誌に掲載されている。1927年1936年日活で、1954年新東宝で映画化された。

概要編集

映画編集

1927年版編集

1927年9月15日に公開された[1]モノクロサイレント。全128分だが現存するのは断片2分のみで、2012年東京国立近代美術館フィルムセンターにより公開された[2]

キャスト編集

 
中野英治と岡田時彦

スタッフ編集

1936年版編集

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督:渡辺邦男
  • 原作:菊池寛
  • 脚本:荒牧芳郎
  • 撮影:渡辺孝

主題歌編集

1954年版編集

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ 慈悲心鳥日活
  2. ^ 日活映画の100年 日本映画の100年、東京国立近代美術館フィルムセンター