慈道法親王

鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての法親王

慈道法親王(じどうほっしんのう、弘安5年(1282年) - 興国2年4月11日1341年4月27日))は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての法親王。父は亀山天皇。母は平時仲の娘帥典侍。法号は青竜院・十楽院。

1295年永仁3年)青蓮院に入り、同年親王宣下を受けた。その後法住寺座主青蓮院門跡となり、1314年正和3年)以後は3度天台座主に任じられている。またその間四天王寺別当をも務めている。

和歌に秀で、「新後撰和歌集」以下の勅撰和歌集に入集している。また、家集に「慈道親王集」がある。