慕容 曦輪(ぼよう ぎりん、707年 - 749年)は、吐谷渾首長は輪、は曦輪。烏地野抜勤豆可汗。

生涯編集

慕容宣超の子として生まれた。722年の左武衛郎将・閤門府都督を初任とした。734年、左武衛中郎将に転じた。739年、慕容曦輪は烏地野抜勤豆可汗の号を受け、安楽州都督を兼ねた。742年播川郡牂牁鎮将に左遷された。749年房陵郡志成府別将に任じられた。8月17日、慕容曦輪は房陵郡の賓館で死去した。享年は43。750年2月19日、京兆府長安県高陽原に葬られた。

脚注編集

参考資料編集

  • 唐故中郎将開国伯慕容府君墓誌銘并序(慕容曦輪墓誌)
先代
慕容兆
吐谷渾の首長
第24代?:739年 - 749年
次代
慕容復