貴妃慕容氏(きひ ぼようし、熙寧9年(1073年) - 紹興22年9月1日1152年9月30日))は、北宋哲宗の妃嬪。慕容延釗中国語版の5世孫という[1]

生涯編集

慕容渙才と趙氏の娘。初め元祐皇后(哲宗の廃后、後の隆祐太后孟氏)の侍女を務め、後に御侍(皇帝の側女)となった。

崇寧元年(1102年)正月、徽宗により才人に封ぜられた。大観2年(1108年)2月、美人に進んだ。

靖康の変後、南へ避難した。紹興2年(1132年)、隆祐太后が崩ずると、高宗により婕妤に進封された。その後、顕仁太后(高宗の母)に重んじられ、婉儀に進み、賢妃にいたった。紹興22年(1152年)9月、薨去し、貴妃を追贈された。翌年、臨安の資徳院に葬られた。

話本における形象編集

伝記資料編集

  • 『宋会要輯稿』
  • 『皇宋十朝綱要』
  • 『建炎以来朝野雑記』

脚注編集

  1. ^ 呂建福『土族史』:「慕容氏自延釗為官居京、至四世孫渙才娶皇室女趙氏、生女後進宮為婉儀。靖康之難婉儀慕容氏及其宗族随之南渡。紹興十四年(1144年)、慕容氏以七十之年特進為賢妃。二十二年(1152年)又特贈為貴妃。」