メインメニューを開く

一般財団法人慶応工学会(けいおうこうがくかい)は、慶應義塾大学と産業界・研究機関とのパイプ役として日本科学技術の発展に寄与することを目的として昭和37年9月法人化された財団法人

概要編集

太平洋戦争大東亜戦争)により手痛い戦禍を蒙った慶應義塾大学工学部への援助を目的に、産業界で活躍する慶應義塾大学出身者の支援によって昭和23年に設立され、戦後の工学部の再興に貢献した「慶應工業会」がその前身である。初代会長には塾長奥井復太郎が就任、顧問として藤原銀次郎小泉信三が迎えられた。昭和37年9月に文部省の認可を受けて「財団法人慶応工学会」となり、初代会長(理事長)は稲垣平太郎日本ゼオン社長)が務め、多くの賛助企業[1]によってその活動が支えられている。これまで同会の国際交流事業を通じて1500名を超える若手研究者、大学院学生たちが自身の研究成果を発表するため海外に渡っている。また、石川六郎など慶應義塾大学出身者以外の研究者が理事に就くこともある。

役員編集

顧問
名誉会長
理事長
  • 北城恪太郎:日本アイ・ビー・エム株式会社名誉相談役
常任理事

理事8名、監事2名、評議員19名[2]

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集