メインメニューを開く

慶應イノベーション・イニシアティブ

株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ(略称:KII、:Keio Innovation Initiative, Inc.)は、学校法人慶應義塾が設立したベンチャーキャピタルである。慶應義塾大学の研究成果を活用したベンチャー企業の投資育成を通じて、大学の研究成果の社会実装を推進し、新産業の創出によって社会の発展に貢献することをミッションとしている。

株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ
Keio Innovation Initiative, Inc.
種類 株式会社
本社所在地 108-0073
東京都港区三田1-4-28 三田国際ビル10F
設立 2015年12月17日
業種 その他金融業
法人番号 3010401122249
事業内容 ベンチャーキャピタル
代表者 山岸広太郎
資本金 5000万円
純利益 198万7000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 2億2112万3000円(2019年03月31日時点)[1]
主要株主 株式会社慶應学術事業会 80.0%
野村ホールディングス株式会社 20.0%
関係する人物 清水雅彦
外部リンク http://www.keio-innovation.co.jp
テンプレートを表示

概要編集

2015年12月に慶應義塾が子会社の慶應学術事業会と野村ホールディングスとの合弁事業として設立した[2]。慶應義塾大学の産官学連携を管轄する研究連携推進本部と提携し[3]、研究成果を活用したベンチャー企業の投資育成に取り組んでいる。初代社長は慶應義塾大学の卒業生でグリー株式会社の創業者の一人で取締役副社長であった山岸広太郎2016年7月に約45億円の1号ファンドを設立した[4]

沿革編集

  • 2015年11月 - 慶應義塾が野村ホールディングスとベンチャーキャピタルを設立することを発表[5]
  • 2015年12月 - 慶應イノベーション・イニシアティブを慶應学術事業会の所在地に本社登記。三田キャンパスの南別館4Fの研究連携推進本部に間借りする形でファンド設立の準備を開始。
  • 2016年7月 - 約45億円で1号ファンドとなる慶應イノベーション・イニシアティブ1号投資事業有限責任組合を設立。
  • 2016年10月 - 初の投資案件として理工学部発のAIベンチャー、カラフル・ボード株式会社への投資を行う[6]
  • 2016年12月 - 医学部の研究成果を活用した再生医療ベンチャー、クリングルファーマ株式会社への投資を行う。
  • 2016年12月 - 本社登記および事務所スペースを三田国際ビルに移転[7]

脚注編集

公式サイト編集

外部リンク編集