メインメニューを開く

慶應義塾ニューヨーク学院(けいおうぎじゅくニューヨークがくいん、英語名:Keio Academy of New York)は、米国ニューヨーク州ウェストチェスター郡にある高等学校である。設置者・運営者は慶應義塾

慶應義塾ニューヨーク学院
国公私立の別 私立学校
設置者 慶應義塾
設立年月日 1990年平成2年)
共学・別学 男女共学
課程 4年制高等学校
学期 2学期制
3 College Road, Purchase, NY 10577 USA
公式サイト Keio Academy of New York ホーム(日本語)
テンプレートを表示

日本高等学校に相当する在外教育施設であり、米国ニューヨーク州教育委員会より正式な私立高等学校としての認可を受けている。そのため、卒業すると日米両国の高卒学歴を取得できる。4年制である。

慶應義塾の一貫教育校の一つであり、卒業すれば全員が連携する慶應義塾大学へ進学できる。学部の選択は自由であるが、在学中の成績や出席状況等を考慮の上で決定される。また、入学者の中には慶應義塾が設置・運営する各中学校からの内部進学者もいる。

現在では、国籍や居住地に関係なく、所定の学年を修了していれば出願を認められるようになっている。

目次

概要編集

1990年平成2年)、ニューヨーク市北部近郊のウェストチェスター郡に開校。当時はバブル経済下でニューヨーク周辺での在留邦人が増加し、ウェストチェスター郡は日本人駐在員やその家族が多く居住していたため、その子女を対象として開校した。

開校当時には、来たるべき21世紀の国際社会においてリーダーシップを発揮できる人材の育成を目標としており、バイリンガル、バイカルチュラルな教育を標榜している。

第9学年から第12学年までの男女共学の4年制高等学校である[1]。ニューヨーク州に認可された米国の高等学校としてニューヨーク州私立学校連盟 (NYSAIS) にも加盟している[2]。また日本の在外教育施設に指定されており、卒業すれば日米両国の高卒学歴を取得できる。

慶應義塾が設置・運営する一貫教育校の一つであり、卒業すれば連携する慶應義塾大学へ全員進学できる。

 
ニューヨーク学院の所在地、ウエストチェスター郡パーチェスにあるペプシコ本社

学校のキャンパスは、約110,000m2の面積を有し、周囲には野生のリススカンク鹿などが生息する豊かな自然が残されている。

入学・進路編集

出願資格編集

現在では、所定の学年を修了していれば、国籍や居住地に関係なく、出願を認められている。

2000年平成12年)までは、在外日本人の子女、海外留学者、または外国人に限って出願資格を認めていた。しかしながら止まらない志願者減少の傾向を受けて、上記のようになった。

入学試験編集

入学試験は、日本語、英語、数学の筆記試験および面接によって選抜される一般入試と、書類、日本語と英語の小論文、数学の筆記試験および面接を基に選抜されるAO入試の2種類がある[3]。論文試験と面接に関しては、日本語と英語の2言語によって行われることになる。

進路編集

卒業生は、全員が学院長の推薦により慶應義塾大学に入学することができる。進学を希望する学部の選択は自由であるが、学院在学中の成績や出席状況等を考慮の上で決定される[3]。また、理工学部、薬学部、医学部への進学を希望する場合には、あらかじめ第12学年時に理数系のコースを履修する必要がある。

卒業が6月のため、9月入学を実施している総合政策学部、環境情報学部、法学部への進学者は、9月に大学へ入学することができる[3]。それ以外の7学部への進学者は、翌年4月の入学までは学部研修生として、日吉キャンパスで特別に開講される授業を履修することができる。

多くの卒業生は慶應義塾大学に進学するが、推薦を辞退して米国内の大学に進学する者もいる。過去の進学先には、シカゴ美術研究所ジュリアード音楽院イェール大学ニューヨーク州立大学ニューヨーク大学バークリー音楽大学ハーバード大学ブラウン大学などがある。

学校生活編集

生徒・クラス編成編集

男女共学。第9学年は60人、第10学年から第12学年はそれぞれ120人、合計420人の生徒が在学する。クラスは、第9学年がK、E組の2クラス、第10学年から第12学年はK、E、I、O組の4クラスから編成される。

生徒の入学前の居住地は、米国をはじめ、カナダメキシコキューバヴェネズエラアルゼンチンブラジル英国フランスドイツイタリアオランダルクセンブルクオーストラリアニュージーランドパキスタン中国インドネシアマレーシアタイミャンマーグァテマラフィリピン南アフリカ韓国日本など[3]多岐にわたるが、国籍はほとんどが日本である。

学期編集

米国の学校同様、9月上旬に新学期が開始し、6月上旬に終了する2学期制である(前期:9月〜翌1月、後期: 2月〜6月)。年末年始に約2週間の冬期休暇、4月中旬に10日間程度の春期休暇がある。

新入生が学院独特のカリキュラムや寮生活に慣れるための期間として、入学前の8月に、約10日間の日程でプリエントリーと称するプログラムが組まれている。

カリキュラム編集

カリキュラムは日米両国の学習指導要綱に基づいており、授業で用いられる言語は30%が日本語、70%が英語である。また通常の教科とは別に、英語もしくは日本語が苦手な生徒を対象にESL (English as a Second Language) および JSL (Japanese as a Second Language) と呼ばれる語学補習授業が設けられている。なお、12年生で理系コースを取ると日本史だけが日本語という英語漬けの生活になる。

校則編集

校則はアメリカの学校に近く、日本の学校より若干寛容な傾向があった。制服があり、曜日によってドレスコードが異なる。水曜日と式典等がある日はユニフォームデイと呼ばれ、ブレザーまで着用することが義務付けられる。月曜および金曜日は、ブレザーの着用義務がなく若干緩和されたルールが適用される。火曜および木曜日に関しては、基本的に私服で登校してもよい。ただし私服の場合にも服装規則があり、カラー(襟)がついている服のみ着用が認められている。また女子生徒に関しては、スカートの着用が認められていない。また、クロックスサンダル、ジャージ、ジーンズの着用も禁止されている。(クロックスはバンドをかかとに固定させと、靴とみなされ着用可)体育の授業で体育着として着用するKEIOとプリントされたPEショーツやパーカーを、その後の授業でも着る学生が増えたため、新たに禁止になった。

愛唱歌(校歌)編集

学院設立15周年を記念して、塾歌とは別にニューヨーク学院独自の校歌を制作することとなり、シンガーソングライターの小田和正に依頼した。すると、小田自身が作詞・作曲した私立横浜創学館高等学校(横浜市金沢区)の愛唱歌『遥かな想い』を使用するように返答があった。そこで、『遥かな想い』を塾生などが中心となり英訳し、ニューヨーク学院の愛唱歌とされた。校歌を歌う機会は少なく、主に塾歌歌うことになる。

施設編集

キャンパスのほぼ中央部に3階建ての校舎が建ち、教室、自然科学系の教室群、音楽室、美術室、コンピュータ室、視聴覚室、レクチャーホール、図書館、カウンセリング室、職員室、事務室等を擁する。その東側に体育館が隣接する。グラウンド全般は敷地の東側に位置する。北端に5棟の寮が、南端に2棟の寮が建っており、北側の寮には寮長の居が、南側の寮には保健室が併設されている。北側の寮と校舎の間に、2基の噴水が備わる広い池を望む形で松下ホールと呼ばれるカフェテリアがある。また、2016年度に南寮の横にスチューデントセンターが竣工した。一階は、ホールになっており、演説や集会を行うことができるようになっている。それ以外の施設として、ダンス部用の鏡張りの設備や、ロック部が使用する部室などが備わっている。また、スチューデントセンター建設に伴い、テニスコートが取り壊された。現在は隣接するマンハッタンビルカレッジのテニスコートを間借りして活動している。

課外活動編集

敷地内には、サッカーグラウンド、体育館が併設され、15を超える運動部があり、生徒の大半がいずれかに所属している。生徒会や寮委員会、文化祭実行委員会をはじめとした多数の委員会や、福澤諭吉研究会、ヴォランティア部、茶道部など10以上のクラブ活動も盛んである。主にサッカー部が強豪として知られており、ニューヨーク州のステートチャンピオンに過去4度輝いている。特に近年の活躍はめざましく、2001年と2002年の連覇をはさみ2004年にも州大会優勝、2005年には惜敗したものの準優勝を成し遂げている。蹴球部はかつて全米8位となり、オールアメリカンのメンバーとなる選手も輩出しており、慶應義塾大学蹴球部へ進む者も多い。最近では野球部の活躍もニューヨーク州で注目されるようになった。2007年には慶應NY創立史上初となるニューヨーク州ステートチャンピオンシップに出場し、準優勝に輝いた。

祥風祭(文化祭)、体育祭、美術館博物館での課外授業、音楽授業の延長である秋春のコンサート、ブロードウェイでのミュージカル鑑賞、スキー合宿、ショッピングモールへの買い物ツアー、クリスマス・バレンタイン・卒業パーティー、ロックバンドコンサート、その他多数のイベントが、学院や寮、放送部、委員会などによって主催される。特に、パーティーや体育祭などは生徒を主体として作り上げられていく。

編集

キャンパス内に350人が生活できる男女別の7棟の寮があり、生徒の大部分が親元を離れ寝食を共にしている。各部屋を2人で共有する。寮内には共用バスルーム、コインランドリー、ウェイトトレーニングルーム、ラウンジ、ソフトドリンクや軽食の自動販売機がある。各棟にはスーパーバイザーが1名ずつ置かれている。食事は松下ホールで摂るが、ピザや中華料理などの出前を取ることもできる。

平日は原則としてキャンパス外への外出は禁止されているが、週末は学院が認める近郊の市街地に自由に出かけることができる。上級生は、保護者の許可を得た上でニューヨークシティ(マンハッタン)にまで足を伸ばすことができる。

なお、自宅通学が可能で入寮を希望しない1割程度の生徒は、学院が手配するスクールバスにて通学する。

出身著名人編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集