慶應義塾大学大学院法務研究科

慶應義塾大学三田キャンパスに設置されている法科大学院
慶應義塾大学 > 慶應義塾大学大学院法務研究科

慶應義塾大学大学院法務研究科(けいおうぎじゅくだいがく だいがくいんほうむけんきゅうか)とは、慶應義塾大学三田キャンパスに設置されている法科大学院

概説

慶應義塾大学は、2004年に法科大学院として大学院法務研究科を開設した[1]。以来、2007年度新司法試験漏洩問題などの問題はあったものの[2]、高い法曹養成実績を誇り、2017年には私学の中央大学早稲田大学、国立の東京大学京都大学一橋大学神戸大学とともに、トップスクール7校からなる先導的法科大学院懇談会 (LL7) を結成し、初代幹事校としてコンソーシアムの中核的役割を果たした[3][4]

専攻

  • 法曹養成専攻[5]
    • 法学未修者コース(1学年約50名)[5]
    • 法学既修者コース(1学年約170名)[5]

研究所

  • グローバル法研究所[6]

著名な出身者

脚注

[脚注の使い方]

関連項目

外部リンク