メインメニューを開く
慶應義塾大学 > 慶應義塾大学経済研究所

慶應義塾大学経済研究所(けいおうぎじゅくだいがくけいざいけんきゅうじょ、英称:Institute for Economic Studies, Keio University, 略称:IES)は、慶應義塾大学の附置研究所の一つで様々な経済学の研究を行っている。慶應義塾大学産業研究所(産業研、KEO)とは別組織である。

慶應義塾大学経済研究所
正式名称 慶應義塾大学経済研究所
英語名称 Institute for Economic Studies, Keio University
略称 慶應経済研、IES
組織形態 大学附置研究所
所在地 日本の旗 日本
108-8345
東京都港区三田2-15-45(慶應義塾大学三田キャンパス)
所長 細田衛士
設立年月日 2013年4月1日
上位組織 慶應義塾大学
ウェブサイト http://ies.keio.ac.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

大学部理財科発足125周年を記念し設立。学部を問わず慶應義塾大学内で経済学の研究を行っている経済学者らが組織を超えた横断的な関係構築のため、それらの接着剤としての役割を担うという目的で発足した。初代所長は、現アジア開発銀行研究所所長の吉野直行。慶應義塾大学と関係する経済学研究者の研究成果を迅速に公開するために、ディスカッションペーパーを刊行しており、研究成果を発表するセミナーも開催している。

沿革編集

  • 2013年平成25年)4月1日 - 慶大内で経済関連の研究を行っている研究者が緊密に連携するため発足。
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 初代所長の吉野が退官。細田衛士(慶應義塾大学経済学部教授)が第2代所長に就任。

著名なプロジェクト編集

現在編集

  • 経済格差と教育格差の長期的因果関係の解明:親子の追跡データによる分析と国際比較
  • 所得・消費・資産・主観的データを用いた貧困基準の総合的研究
  • グローバリゼーションと高質な経済社会の構築
  • ユーラシアにおける「生態経済」の史的展開と発展戦略

過去編集

関連項目編集

外部リンク編集