メインメニューを開く

慶應義塾普通部

慶應義塾普通部(けいおうぎじゅく ふつうぶ、: Keio Futsubu School)は、神奈川県横浜市港北区日吉本町一丁目にある私立中学校慶應義塾が設置・運営する学校で唯一の男子中学校である。慶應義塾が設置・運営する学校と連携して小中高大一貫教育を行う。

慶應義塾普通部
普通部-慶應日吉.jpg
国公私立 私立学校
設置者 慶應義塾
校訓 独立自尊
設立年月日 1898年
共学・別学 男女別学(男子校)
中高一貫教育 併設型
学期 3学期制
所在地 223-0062
神奈川県横浜市港北区日吉本町一丁目45番1号
公式サイト 慶應義塾普通部
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

例年、慶應義塾幼稚舎から60~70名[1]と、外部の小学校から約180名(内部進学者により変動)の入学者で構成されている。

目次

概要編集

慶應義塾普通部は1890年明治23年)、慶應義塾に大学部を設置する際に従来の課程を普通部と命名したことに由来しており、慶應義塾大学よりも古い[2]

戦後の学制改革の際、普通部は新制の中学校と高等学校とに分かれたが、その際に普通部の名称はそのまま新制中学校へ受け継がれた。「『普通部』という名称は新制高等学校の普通科と紛らわしい」という理由で、当時の文部省からの認可が遅れたという逸話が残っている。名前に「中」が含まれない唯一の中学校である。

現在の日吉へ移転したのは1951年(昭和26年)から翌年にかけてである。

慶應義塾大学日吉キャンパスや慶應義塾高等学校とは東急東横線日吉駅をはさんで反対側にある。日吉駅と同校を結ぶ道は「普通部通り」と名付けられている。

詰襟制服の着用義務がある。カリキュラムでレポートや自由研究を特徴としている。

データ編集

創立
公式には1898年1858年1868年1890年1899年とする解釈も存在)
部長(校長職に該当)
荒川昭(2018年4月 -)
主事
森上和哲(2016年4月 -)

沿革編集

  • 1858年安政5年) - 福澤諭吉江戸築地鉄砲洲(現在の東京都中央区明石町)に蘭学塾を開く
  • 1868年慶應4年) - 芝新銭座(現在の港区浜松町)に移転し、慶應義塾と改称する
  • 1871年(明治4年) - 三田に移転
  • 1874年(明治7年) - 私立外国語学校となる
  • 1877年(明治10年) - 私立中学校となる
  • 1880年(明治13年) - 各種学校となる
  • 1890年(明治23年) - 慶應義塾に大学部(現在の慶應義塾大学)が新設され、従来の課程は普通部と称されるようになった
  • 1898年(明治31年) - 慶應義塾の一貫教育の制度が確立され、普通部は「普通学科」と改称される
  • 1899年(明治32年) - 再び「普通部」と改称する
  • 1906年(明治39年) - 専門学校入学資格の指定許可を受ける
  • 1916年大正5年) - 第2回全国中等学校優勝野球大会(夏)で優勝
  • 1943年昭和18年) - 修業年限を5年から4年に短縮
  • 1945年(昭和20年)5月24日 - 東京大空襲により校舎を失う。以後、新校舎が建造されるまでの間天現寺の慶應義塾幼稚舎の校舎を一部間借りすることとなる。
  • 1947年(昭和22年) - 新制中学校となる
  • 1948年(昭和23年) - 旧制の普通部最後の卒業式。4・5年生は旧制の慶應義塾大学予科へ、3年生は新制の慶應義塾第一高等学校(後の慶應義塾高等学校)に進学。
  • 1951年(昭和26年) - 日吉校舎への移転が始まる
  • 1952年(昭和27年) - 日吉校舎への移転を完了する
  • 1998年平成10年) - 創立100周年
  • 2001年(平成13年) - 本館竣工。これに伴い、1年生のみ20人(現在24人)の少人数学級となる
  • 2015年(平成27年)2月 - 新本校舎竣工

周辺編集

 
普通部通り

横浜市港北区日吉本町の下末吉台地の上にあり、地震には強い立地と考えられる。なお、付近の避難所は、横浜市立日吉台小学校がある。広域避難場所は、慶應義塾大学日吉キャンパス。海抜は、34.28m(事務室前)。

制服・校則編集

黒の詰襟制服が指定されており、加えて着用自由な制帽がある。制帽を着用する生徒はごくわずかである。夏季はワイシャツズボン(黒とグレーの2色を選択可)。オプションにセーターベストがある。

旧制時代、中学校では珍しく半ズボン制服として定めていた(1・2年生だけが対象)時期があった。現在は全学年とも長ズボンである。

携帯電話やパソコン、電子辞書等の持参は原則禁止である。

教育編集

慶應義塾が設置・運営する学校と連携して小中高大一貫教育を行っている。慶應義塾幼稚舎からの内部進学者と入試を経て外部の小学校からの入学者で構成される。幼稚舎から普通部に入学するか慶應義塾中等部に入学するかは児童・保護者が選択するが、例年、内部と外部の比は約1:3である[1]。単独で立地する私立男子中学校という特色をもつ。なお、幼稚舎からは普通部への進学が多く、中等部との進学比は例年約3:1である[1]

クラス編成は1年生のみ24人学級×10クラス、2・3年はクラス替えなしの40人×6クラスとなっている。

普通部では毎年、「労作展」と呼ばれる自由研究のような課題が存在し、生徒達の夏休みの足枷となっている。

選択授業(3年のみ)や理科に独自のカリキュラム(ほぼ毎週出る理科実験レポートやフィールドノート等)が組まれているのが特徴。特に、ほぼ毎週提出が義務付けられているI(物理化学)・II(生物地学)という2つの実験レポート作成は、日本の一般的な理科教育に比べ、早期から参考資料を基に実験結果を考察するという本格的な書類作成を行わせている。

全国の中学ではめずらしく原級留置(再修、いわゆる留年)制度が採用されている。再修は1回までで、評定平均がC未満になると留年候補生となり、例年は1学年で3,4人程度が留年する。評定にEの科目があると留年確定となる。

施設編集

新校舎(本館)と仮設校舎を中心に、特別教室棟や、体育館、小体育館、中庭、グラウンド、第二グラウンド、テニスコート(人工芝4面)、弓道場などの施設を持つ。また、プールについては慶應義塾大学にあるプールを使用する(授業は1年生のみ)。

活動編集

生徒会は無い。また、PTAも無い。

朝のランニングの会
2、3学期に、毎朝8時15分から校庭(雨天時は体育館)でランニングを15分間行う。開始時と終了時には体操を行い、任意参加であるが、理科教員を中心とした一部教員も参加する。一学期(特に運動会が始まる前)は一年生を中心とした四十人程度の生徒が参加するが、三学期の頃になると参加者は数名になることもある。特に、期末試験の返却日にもあるということを忘れてしまい、来ない生徒が多く、参加者は、落胆することが多い。基本は、毎日、参加した証にスタンプを押し、一年間続けると記念品が贈呈される。尚、朝のランニングの会の起源は、スキー用具が進化する前、スキー学校という学校行事の事故防止の為、その参加者を対象にして朝に運動を始めた事である。
部会活動

(平成28年度)

(活動曜日、部員数)と表記

運動部

  • 合気道部(月木、10人)
  • アーチェリー部(火木、23人)
  • オールスポーツ・アウトドア部(月金、42人)
  • 空手部(月水木、5人)
  • 弓術部(月金土、23人)
  • 剣道部(火金土、19人)
  • ゴルフ部(月金、19人)
  • サッカー部(火木土、81人)
  • 山岳部(火金土、19人)
  • 柔道部(火金土6人)
  • 水泳部((月火)木土、32人)
  • 卓球部((月火木金)、34人)
  • テニス部(火木土、80人)
  • バスケットボール部(火木土、38人)
  • バドミントン部(月土(水金)、28人)
  • バレーボール部(月木(火水土)、27人)
  • BTR研究会(金、10人)
  • 保健体育研究会(火金、19人)
  • 野球部(月(水木金)土、45人)
  • ラグビー部(火木土、50人)
  • ラクロス部(月水土、31人)
  • 陸上競技部(月木土、11人)

文化部

  • 英語研究会(木、16人)
  • 演劇・映画の会(金(月水)、6人)
  • 音楽部(火水土、28人)
  • 化学の会(月、11人)
  • 棋道研究会(火土、15人)
  • コンピュータ部(金、19人)
  • 書道部(金、6人)
  • 数学研究会(月、2人)
  • 生物の会(金、18人)
  • 地理・GIS研究会(木、18人)
  • 図書室の会(金(水)、15人)
  • 農の会(月(金)、11人)
  • 美術部(火金、5人)
  • フィールドワーク研究会(火、7人)
  • 物理の会(月(木土、6人)
  • 星と石の会(金、11人)
  • 模型工作の会(水金、14人)
  • 歴史研究会(木、10人)


年度別の各部会の部員数

部会名 部員数(人)
平成29年度 平成28年度 平成27年度
サッカー部 85 81 77
テニス部 85 80 79
ラグビー部 52 50 50
卓球部 43 34 34
バスケットボール部 40 38 46
野球部 37 45 51
バドミントン部 36 28 14
ラクロス部 36 31 28
オールスポーツ・アウトドア部 32 42 39
バレーボール部 31 27 26
弓術部 29 23 28
水泳部 27 32 35
ゴルフ部 23 19 21
保健体育研究会 20 19 8
アーチェリー部 17 23 23
剣道部 16 19 21
陸上競技部 15 11 18
山岳部 11 19 15
合気道部 8 10 5
BTR研究会 6 10 8
空手部 4 3 6
柔道部 2 6 9


入試編集

学力・面接・体育からなる。学力試験は、国語・算数・社会・理科がそれぞれ100点の均等配点である。

進路編集

卒業生の90%が慶應義塾高等学校に進学するものの、慶應義塾志木高等学校慶應義塾湘南藤沢高等部および慶應義塾ニューヨーク学院への進学もできる[3]。ちなみに、2008年度の慶應義塾高等学校の第1学年の生徒は、慶應義塾普通部または慶應義塾中等部を卒業した者が375人、国立大学教育学部附属中学校(高等学校を併設するものを除く)、公立中学校または他の私立中学校(高等学校を併設しないものに限る)を卒業した者が343人であり、慶應義塾が設置する中学校を卒業した内部進学の生徒の数と、公立中学校などを卒業した外部進学の生徒の数が拮抗している。

主な出身者編集

アクセス編集

  • 東急東横線日吉駅下車、徒歩約5分(詳細は[1]を参照されたい)
  • 生徒は、自動車、自転車は利用不可。なお、自宅から最寄駅の間は家庭の判断に任せられる。
  • 登校は基本8時から9時の間。

脚注および参照編集

関連項目編集

外部リンク編集