慶 普(けい ふ、生没年不詳)は、中国前漢学者政治家豫州沛郡の人。今文における『』研究の先駆者のひとりで、慶氏学の創始者である。孝公三国時代の武将、賀斉の祖[1]

事績編集

東平劉宇太傅だった。

慶普は載徳載聖聞人通漢らとともに后蒼に学び、『后氏曲台礼』を授けられた。載徳は『大戴礼記』、載聖は『小戴礼記』、そして慶普は『慶氏礼』をまとめた。慶普らの子弟は学官[2]として三派に分かれ立っていた[3]

継承と研究編集

慶普の学問は夏侯敬や従子の慶咸に授けられた。

また、後漢建武年間(25年56年)に曹充が慶氏学を学び『慶氏礼』を所有していた。その子の曹褒に伝わった。

同じく後漢の董鈞も、慶氏学を学んだ。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 晋書』より
  2. ^ 官学を司る教官、先生のこと
  3. ^ 一説には慶氏学は官学として確立していなかったという

出典編集

  • 漢書』文芸志
  • 『漢書』儒林伝
  • 『晋書』賀循