慶華公主(けいかこうしゅ、경화공주、? - 1344年7月24日)は、高麗の第27代王忠粛王の妃。モンゴル人で、本名は伯顔忽都(バヤン・クトゥク)。

慶華公主
경화공주
高麗王后

全名 伯顔忽都
別称 粛恭徽寧公主(諡号)
出生 ?
死去 至正4年6月15日
1344年7月24日
高麗開京
配偶者 忠粛王
父親 アムガ
テンプレートを表示

家系について多くは不明であるが、森平雅彦の皇族アムガの娘の金童(忠粛王の妃)の姉妹ではないかとする[1]。妻の死後にその姉妹を娶るソロレート婚になる[2]

忠粛王に降嫁したのは、おそらく1330年から1333年である[2]。『高麗史』には、忠粛王の死後、継子の忠恵王が酒に酔った勢いで慶華公主を強姦し、無理やり愛妾としたと記されている[3]

1367年に元より粛恭徽寧公主(숙공휘령공주)を贈される[1]

家族編集

脚注編集

  1. ^ a b 森平雅彦 2008, pp. 14
  2. ^ a b 森平雅彦 2008, pp. 15
  3. ^ 高麗史』第89卷列傳2 后妃 慶華公主「慶華公主伯顔忽都蒙古女 王在元娶之後二年與王來五年開府 曰慶華置官屬. 王薨忠惠再宴公主于永安宮公主亦邀忠惠宴及酒罷忠惠佯醉不出暮入公主臥内公主驚起忠惠使宋明理輩扶之使不動且掩其口遂蒸焉. 翌日公主恥之欲還于元使買馬忠惠命李儼尹継宗等禁馬市不得賣馬元使頭麟等來進御酒于公主執忠惠以歸. 公主囚贊成事鄭天起于征東省仍命金之謙權征東省金資提調都僉議使司. 忠惠五年薨葬以禮恭愍十六年元贈諡粛恭徽寧公主.」

参考文献編集