メインメニューを開く

慶親王(けいしんのう、満州語ᡫᡝᠩᡧᡝᠨ
ᠴᡞᠨ ᠸᠠᠩ
、転写:fengšen cin wang)は、皇族乾隆帝第17子永璘が、1799年嘉慶4年)に慶郡王に、後1820年(嘉慶25年)に慶親王に封ぜられたのを初代とする。以来、郡王として受け継がれたが、1894年光緖20年)、永璘の孫奕劻西太后によって慶親王に封ぜられ、その後1898年(光緖24年)には世襲が認められ、清朝第十二位の鉄帽子王とされた。


系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
養子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
儀慎親王
永璇
 
 
 
 
 
慶僖親王
永璘
1766-1820
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
儀順郡王
綿志
 
慶良郡王
綿愍
1797-1820-1836
 
貝子
綿悌
1811-1842-1849
 
不入八分輔国公
綿性
1814-1879
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
已革慶郡王
奕綵
1820-1836-1842
 
 
 
 
 
 
 
 
 
慶密親王
奕劻
1838-1850-1917
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
慶親王
載振
1876-1917-1947


参考文献編集