メインメニューを開く

憂い顔の童子』(うれいがおのどうじ)は、2002年講談社から出版された大江健三郎の長編小説である。「おかしな二人組」三部作の二作目である。

憂い顔の童子
著者 大江健三郎
発行日 2002年9月(講談社)
2005年11月15日(講談社文庫)
発行元 講談社
ジャンル 純文学
日本の旗日本
言語 日本語
ページ数 606
前作取り替え子
次作さようなら、私の本よ!
公式サイト [1]
コード ISBN 4-06-275256-5
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

あらすじ編集

妻の千樫がベルリンに行っている間に、長江古義人は子供たちやアメリカ人の日本文学研究家ローズと共に故郷の四国に帰る。不識寺を訪問した古義人は転んでそこに保存してあった大量の骨壺を倒してしまい、地元の新聞に批判的な記事が載せられる。ローズは古義人の文学人生を『ドン・キホーテ』に準え始める。古義人は地元の中学校で講演を行い、民話『桃太郎』についての解釈を説明する。古義人は文学が何の為に、そしてどのように書かれるのかについて考え始める。古義人は日本の1960年代の社会状況や、彼が以前組織していた「若い日本の会」についてローズに語り始める。最後に、古義人は自らの死について、そして次回作の構想について語る。

登場人物編集

長江古義人
国際的に名を知られている日本の作家。
ローズ
アイルランド系アメリカ人日本文学研究者。
真木彦
三島神社の神官。三十歳代半ば。同志社大学卒業。ローズと結婚したが、後に離婚。
松男
不識寺の住職。
アサ
古義人の妹。
動(あよ)
山寺の長江家の跡取り。