憧花 ゆりの(とうか ゆりの、3月25日[1] - )は、元宝塚歌劇団月組の娘役[2][3]。元月組組長[2][4][3][5]

兵庫県神戸市[5]県立鈴蘭台西高等学校出身[1]。身長163cm[1]。愛称は「すずな」、「すーちゃん」、「すーさん」[1]

来歴編集

1998年、宝塚音楽学校入学。

2000年、宝塚歌劇団に86期生として入団[2][4][3]。入団時の成績は7番[6][5]花組公演「源氏物語 あさきゆめみしザ・ビューティーズ!」で初舞台[1]。その後、月組に配属。

2013年3月25日付で、花瀬みずかの退団に伴い、月組副組長に就任。

2016年9月5日付で、飛鳥裕専科異動に伴い、月組組長に就任[2][4][5]

2018年11月18日、愛希れいか退団公演となる「エリザベート」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[2][4][5]

退団後は大阪芸術大学の通信制で学ぶなどしてきたが[5][3]、2020年より、移転オープンした宝塚ホテルの新支配人に就任[2][7][4][5]

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

初舞台編集

組まわり編集

月組時代編集

受賞歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2018年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、43頁。ISBN 978-4-86649-049-6
  2. ^ a b c d e f g 元宝塚歌劇月組組長・憧花ゆりのさんが新生・宝塚ホテルの支配人に就任「さらに夢と感動をお届けしたい」スポーツ報知
  3. ^ a b c d “宝塚ホテル支配人に元タカラジェンヌの憧花ゆりのさん 移転開業しセレモニー”. スポーツニッポン. (2020年6月21日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/06/21/kiji/20200621s00041000270000c.html 2020年6月23日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i 元月組組長が異色転身、劇場隣「宝塚ホテル」支配人日刊スポーツ
  5. ^ a b c d e f g h i 元月組・憧花ゆりの、「宝塚愛」でホテル支配人へLmaga.jp
  6. ^ 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、112頁。ISBN 9784484146010
  7. ^ 新しい宝塚ホテル支配人に元・宝塚歌劇団憧花ゆりのさんが就任 - 阪急阪神ホテルズ 2020年6月10日(2020年6月10日閲覧)

外部リンク編集