懿仁王后

朝鮮第14代王・宣祖の正室

懿仁王后朴氏(いじんおうこう、ウイインワンフパク氏、1555年5月5日 - 1600年8月5日)は、第14代王宣祖の正室。

懿仁王后
朝鮮王妃
在位 隆慶3年11月1日 - 万暦28年6月27日
1569年12月8日 - 1600年8月5日

別称 章聖徽烈貞憲敬穆懿仁王后(諡号)
出生 嘉靖34年4月15日
1555年5月5日
死去 万暦28年6月27日
1600年8月5日
埋葬 穆陵
配偶者 宣祖
父親 朴応順
母親 全州李氏
テンプレートを表示

生涯編集

懿仁王后・氏は潘城府院君朴応順と完山府夫人氏の間に1555年に生まれた。1569年に14歳で3歳年上の宣祖に嫁ぎ、王妃に冊封された。しかし夫の宣祖後宮恭嬪金氏昭容金氏(後の仁嬪)ばかり寵愛したうえに病弱であったため、子供を授かることはできなかった。1600年8月5日、漢陽慶運宮において46歳で息を引き取った。陵は京畿道九里市東九陵にある穆陵で、夫の宣祖とともに埋葬されている。

家族編集

懿仁王后が登場する作品編集

関連項目編集

出典編集


先代
仁順王后
朝鮮王妃
在位:1569年 - 1600年
次代
仁穆王后