成公(せいこう、生年不詳 - 紀元前573年)は、春秋時代君主。名は黒肱。

成公
王朝
在位期間 前591年 - 前573年
都城 曲阜
諡号 成公
没年 紀元前573年
宣公
穆姜
后妃 斉姜
定姒

宣公穆姜のあいだの子として生まれた。紀元前591年、宣公の後を受けて魯国の君主となった。紀元前590年の侵入に備えて丘甲の制を定めた。紀元前586年・斉・などの諸侯と蟲牢で同盟した。紀元前584年、晋・斉・宋・衛などの諸侯と馬陵で同盟した。紀元前582年、晋・斉・宋・衛・鄭などの諸侯と蒲で同盟した。紀元前579年、晋の厲公や衛の定公と瑣沢で会合し、との和議を承認した。紀元前573年、成公は死去した。子の姫午が後を嗣いだ。

参考文献編集

  • 陸峻嶺、林幹合編、『中国歴代各族紀年表』、1982年、台北、木鐸出版社