成昭皇后(せいしょうこうごう、325年以前 - 358年)は、後燕の成武帝慕容垂の最初の妻(即位前没)。姓は段氏。父は鮮卑段部の大人段末波。慕容垂には他にも段姓の正室がおり、その区別のためもあって先段后と呼ばれる。

生涯編集

剛猛で気性が強く激しい女性であった。慕容垂に嫁ぎ、正室となった。慕容令慕容宝を2人産んだ。

自らの出身の高さを誇り、慕容儁の皇后可足渾氏に対して不敬行為を行った。可足渾氏は腹を立った。慕容儁も弟の慕容垂を嫌った。光寿2年(358年)、皇后は段氏に無実の呪詛罪を着せて、捕らえさせた。その後、拷問にかけた。慕容垂は忍びなく思い、罪を認めるよう説いた。段氏は「私は死ぬことを恐れませんし、決して先祖たちと王に累を及ぼしません」と嘆息し、必死に堪えた。段氏は獄中に死亡したが、慕容垂の嫌疑は晴れた。

384年正月、慕容垂は燕王を自称、後燕を創建した。建興3年(388年)、段氏は皇后に追封され、「成昭皇后」の諡号が贈られた。

男子編集

伝記資料編集