メインメニューを開く

成澤 廣修(なりさわ ひろのぶ、1966年2月7日 ‐ )は、日本政治家東京都文京区長(3期)。元文京区議会議員(4期)。

成澤 廣修
なりさわ ひろのぶ
生年月日 (1966-02-07) 1966年2月7日(53歳)
出生地 日本の旗 東京都文京区本郷
出身校 駒澤大学法学部
明治大学大学院ガバナンス研究科
専門職学位課程
所属政党無所属→)
民主党→)
無所属
称号 公共政策修士(専門職)(明治大学)
法学士(駒澤大学)
公式サイト 成沢ひろのぶオフィシャルサイト

当選回数 3回
在任期間 2007年4月27日 - 現職

当選回数 4回
在任期間 1991年4月 - 2007年4月
テンプレートを表示

目次

来歴編集

東京都文京区本郷生まれ。暁星高等学校駒澤大学法学部卒業。明治大学公共政策大学院修了。

1991年4月の統一地方選挙文京区議会議員選挙に出馬し、初当選した。以後、4期連続で当選を果たす。3期目以降は民主党の公認を受ける。2001年6月、文京区議会議長に就任した(~2002年6月)。2005年6月、再度文京区議会議長に就任し、あわせて特別区議会議長会会長も務める(~2006年6月)。

2007年4月、文京区議会議長及び区議を辞職し、自由民主党・民主党・公明党の推薦を受け、無所属で文京区長選挙に出馬し、初当選した。2011年、文京区長選挙に自民・民主・公明3党の推薦で出馬し、再選。2011年5月16日、特別区長会幹事に就任。2015年、文京区長選挙に自民・民主・公明3党の推薦で出馬し、3選[1]

人物編集

  • 暁星高校の同級生に香川照之がいる。
  • 文京区の男性職員の育児休暇取得率が低いため、取得の促進を目的に、長男の誕生を機に2010年4月、2週間の育児休暇を取得した(ただし地方自治体の特別職の育児休暇は制度上存在しない)。地方自治体の首長では初で、その後湯崎英彦広島県知事倉田哲郎箕面市長らも育児休暇を取得した。2010年5月6日、第3回ベストマザー賞自治体部門を受賞。

脚注編集

外部リンク編集