メインメニューを開く

成田俊彦(なりた としひこ)は、元バスケットボール選手、現在は埼玉ブロンコス代表取締役社長ゼネラルマネージャーである。

人物編集

マツダオート東京で選手としてプレーし、後に広報に転じる。

1996年にアンフィニ東京が廃部になると、クラブチーム「所沢ブロンコス」を設立。GMに就任する。

1999年に日本リーグ昇格を果たしたが、当時の日本リーグは実業団のみで市民球団(クラブチーム)は例がなかったため、選手登録窓口だった実業団連盟と揉めるが、結局連盟は折れる事になり市民球団を認めさせた。

2005年新潟アルビレックス河内敏光GM(当時)とともにJBLを脱退。bjリーグを発足した。

関連項目編集