メインメニューを開く

成田国際空港 (企業)

成田国際空港の設置・管理に携わる企業

成田国際空港株式会社(なりたこくさいくうこうかぶしきがいしゃ、英語: Narita International Airport Corporation; NAA)は、2004年平成16年)4月1日に施行された成田国際空港株式会社法により、成田国際空港(成田空港)の設置および管理を目的として設立された特殊会社。通称は「成田空港会社」。

成田国際空港株式会社
NARITA INTERNATIONAL AIRPORT CORPORATION
Narita International Airport Corporation Building.JPG
成田国際空港株式会社本社ビル
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 NAA
本社所在地 日本の旗 日本
282-8601
千葉県成田市古込字古込1番地1
(成田国際空港内)
設立 2004年(平成16年)4月1日
法人番号 9040001044645
事業内容 成田国際空港の設置・管理等
代表者 田村明比古代表取締役社長
長田太(代表取締役副社長
資本金 1,000億円(2016年3月31日現在)
発行済株式総数 200万株(2016年3月31日現在)
売上高 連結:2,184億80百万円
単独:1,584億75百万円
(2016年3月期)
営業利益 連結:433億08百万円
単独:350億23百万円
(2016年3月期)
純利益 連結:243億67百万円
単独:190億69百万円
(2016年3月期)
純資産 連結:2,954億90百万円
単独:2,620億83百万円
(2016年3月31日現在)
総資産 連結:8,542億31百万円
単独:8,136億80百万円
(2016年3月31日現在)
従業員数 連結:2,192人 単独:676人
(2016年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 国土交通大臣 90.01%
財務大臣 9.99%
(2015年3月31日現在)
主要子会社 株式会社NAAリテイリング100%
成田高速鉄道アクセス株式会社 53.7%
関係する人物 斉田正己(元副社長)
外部リンク www.naa.jp
テンプレートを表示

目次

概要編集

特殊法人新東京国際空港公団の業務及び資産負債を承継した特殊会社で、全株式日本国政府国土交通大臣 90.01%, 財務大臣 9.99%)が所有する。略称である NAA は、空港公団の英字略称 (New Tokyo International Airport Authority)と同じである。

成田国際空港株式会社法に基づき、日本国政府から無利子貸付、出資債務保証を受ける事ができる[1]。一方で、営業年度毎の事業計画新株発行社債の募集・資金の借入、代表取締役の選定・定款の変更等については、国土交通大臣の認可を要する[2]

日本国政府が100%出資する会社のため、国税の他にも配当金として連結最終利益の3割程度が毎年国庫に納付される[3]2018年6月26日の同社株主総会で決議された配当額は、107億7,600万円[4])。この他に、株式会社化する際に新東京国際空港公団の政府出資金等3,016億円のうち1,496億5,300万円が政府の無利子融資として振り替えられており、その負債返済を継続していたが、2017年度(平成29年度)をもって完済した[3][5][6][7]

会社の事業の範囲には、成田国際空港周辺における航空機騒音等により生ずる公害の防止や、損失補償のための諸事業が含まれている[8]。また、地域との共生のための取り組みの一環として、有機農業研修や社有地の農地貸付なども実施している[9][10]

株式会社化して以降、空港ターミナルビルに入居している飲食店ショップ航空会社事務所といった、テナントによる賃貸収入等を「非航空系収入」と称して、店舗エリアの増床などにより売上強化を図っており、公団時代の主な収入であった空港使用料などからなる「航空系収入」に依存しない経営体質を目指している。2017年度では、NAA全体の収入のうち56%を非航空系収入が占めている(民営化時は34%)[11]

なお、2017年度の成田国際空港のターミナルビル全体の店舗売上は、1,246億円と過去最高に上り、ショッピングセンターとしては、御殿場プレミアムアウトレットラゾーナ川崎プラザを押さえて、5年連続で日本一の売上収入を誇っている[11][12]

事業編集

事業目的編集

成田国際空港の設置及び管理を効率的に行うこと等により、航空輸送の利用者の利便の向上を図り、もって航空の総合的な発展に資するとともに、我が国の産業観光等の国際競争力の強化に寄与する。(成田国際空港株式会社法第1条)

法令等で定められた事業編集

成田国際空港株式会社法第5条や定款第2条で定められた主な事業は以下のとおり。

  • 成田国際空港の設置及び管理
  • 成田国際空港における航空機の離陸又は着陸の安全を確保するために必要な航空保安施設の設置及び管理
  • 航空旅客及び航空貨物の取扱施設、航空機給油施設その他の成田国際空港の機能を確保するために必要な航空保安施設の建設及び管理
  • 事務所、店舗その他の成田国際空港を利用する者の利便に資するために成田国際空港の敷地内に建設することが適当であると認められる施設の建設及び管理
  • 成田国際空港の周辺における航空機の騒音等により生ずる障害を防止し、又はその損失を補償するために行う事業(移転補償、騒音防止工事等)
  • 成田国際空港の周辺における生活環境の改善に資するために行う事業(空港周辺における環境評価、自治体への交付金交付等)

事業部門編集

同社では事業部制を採用しており、事業を「空港運営事業」「リテール事業」「施設貸付事業」「鉄道事業」の4つに分類している。

周辺対策交付金編集

NAAは空港の円滑な運営を図るため、航空機騒音等により生じる障害の防止及び空港周辺整備の費用に充てるものとして、千葉県・茨城県の10市町(成田市・富里市香取市山武市神崎町多古町芝山町横芝光町稲敷市河内町)に成田国際空港周辺対策交付金を交付している。

2016年度までの交付総額は約1214億円であり、同年度は約41.6億円を交付した。

交付金の使途としては、防音工事を行った公共施設の維持費並びに空港周辺道路・公園・消防施設・農業施設等の整備のための費用に充てられる[13]

沿革編集

事務所編集

旧本社ビル編集

 
旧本社ビル(現在解体)

1996年7月から第1ターミナルビル前の旧日本航空オペレーションセンタービル跡をNAA本社ビルとして使用してきたが、移転後に旧本社ビルは解体され、跡地は2008年より空港利用者用の立体駐車場(P5駐車場)となった。

旧本社ビルは、日本航空のオペレーションセンタービルとして、空港開港の1978年当時から存在する建物であった。テレビドラマスチュワーデス物語」のロケ地などにも使用された経緯がある。

不祥事編集

官製談合事件編集

2005年11月18日に旧新東京国際空港公団発注の成田空港電気設備工事で、空港公団主導による受注調整など官製談合の疑いが浮上し、関わった電機企業各社と成田国際空港会社が東京地検特捜部捜索を受けた。この官製談合疑惑では、成田国際空港の社員2人(懲戒解雇処分)が競売入札妨害の疑いで逮捕されるなど、一連の談合疑惑は官製談合事件へと発展した[25][26]

関連会社編集

連結子会社編集

同社の連結子会社は以下のとおり(2016年3月31日時点)。

持分法適用関連会社編集

同社の持分法適用会社は以下のとおり(2016年3月31日時点)。

キャラクター編集

  • 「クウタン」
    • 成田国際空港株式会社の民営化1周年を迎えた2005年(平成17年)4月に作られた。キャラクターの設定は、性別は男。年齢は不詳。夢はヒーローになる事。趣味は深夜の滑走路散歩。

脚注編集

  1. ^ 成田国際空港株式会社法 第15条
  2. ^ 成田国際空港株式会社法 第9・10・11・13条
  3. ^ a b 成田国際空港株式会社の経営について”. 平成23年度 決算検査報告. 会計検査院. 2016年10月22日閲覧。
  4. ^ 成田国際空港株式会社『2018年3月期 有価証券報告書』
  5. ^ 2016年3月期決算説明会資料 (PDF)”. 成田国際空港株式会社. 2016年11月5日閲覧。
  6. ^ 成田国際空港株式会社法施行令”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2017年6月7日閲覧。
  7. ^ 2018年3月期 決算説明会 (PDF)”. 成田国際空港株式会社. 2018年8月22日閲覧。
  8. ^ 成田国際空港株式会社法 第5条
  9. ^ 日本放送協会 (2018年5月16日). “成田空港開港40年 空港と農家 共存への試み - MIRAIMAGINE(ミライマジン) NHK”. MIRAIMAGINE(ミライマジン) NHK. https://www.nhk.or.jp/shutoken/miraima/articles/01121.html 2018年8月22日閲覧。 
  10. ^ 有機農業研修生募集”. 成田国際空港株式会社. 2018年8月22日閲覧。
  11. ^ a b “成田空港改め「成田漁港」? 巨大空港の意外な一面”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASL8L2CF1L8LUTIL008.html 2018年8月22日閲覧。 
  12. ^ 繊研新聞 2016年8月10日 6面
  13. ^ 成田空港〜その役割と現状〜 2017年度(175頁)”. 成田国際空港株式会社. 2018年2月21日閲覧。
  14. ^ デルタ航空、成田空港に「成田テクニカルオペレーションセンター」をオープン - デルタ航空日本支社ニュースリリース 2014年12月1日
  15. ^ 環境報告書 (PDF)”. 成田国際空港. 2019年3月28日閲覧。
  16. ^ 太陽光発電設備の設置について (PDF)”. 成田国際空港 (2014年1月23日). 2019年3月28日閲覧。
  17. ^ 「成田国際空港 第3旅客ターミナルビル」が2015年度「グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)」 (PDF)”. 成田国際空港株式会社 (2015年10月30日). 2019年2月24日閲覧。
  18. ^ 成田空港〜その役割と現状〜 2016年度 (PDF)”. 成田国際空港株式会社 (2016年11月). 2017年3月30日閲覧。
  19. ^ 2018年3月13日に四者協議会が開催されました。”. 成田国際空港株式会社 (2018年3月13日). 2019年2月24日閲覧。
  20. ^ “関空に滑走路清掃車を派遣=成田空港:時事ドットコム”. 時事ドットコム. https://www.jiji.com/jc/article?k=2018090800293&g=oeq 2018年9月11日閲覧。 
  21. ^ 空港カーボン認証レベル3を取得しました (PDF)”. www.naa.jp. 成田国際空港株式会社 (2018年11月29日). 2018年12月9日閲覧。
  22. ^ 国土強靱化貢献団体認証 認証取得団体一覧表”. www.cas.go.jp. 内閣官房. 2019年4月1日閲覧。
  23. ^ 「国土強靭化貢献団体認証」を取得しました ~社会貢献企業としては空港初の認証~ (PDF)”. NAA (2019年3月29日). 2019年4月1日閲覧。
  24. ^ 成田空港の「スタッフ」がBest Airport賞を獲得!! (PDF)”. NAA (2019年4月2日). 2019年4月2日閲覧。
  25. ^ “旧公団 空港会社部長を逮捕 成田官製談合 業者に予定価格漏えい 天下り状況で発注調整”. しんぶん赤旗. (2005年12月6日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-12-06/2005120615_01_2.html 
  26. ^ 受変電設備工事の競売入札妨害に伴う経済的損失の回復について”. 成田国際空港株式会社. 2019年3月26日閲覧。
  27. ^ 三越伊勢丹HD日本空港ビルデングと共同出資。

関連項目編集

外部リンク編集