成穆皇后(せいぼくこうごう、宣和7年(1125年) - 紹興26年6月2日[1]1156年6月21日))は、南宋の皇帝孝宗の最初の正室(即位前に没した)。姓は郭氏

経歴編集

開封府祥符県の人。郭瑊と趙氏の娘。紹興14年(1144年)、普安郡王趙伯琮(後の孝宗)にとつぎ、咸寧郡夫人に封ぜられた。4人の男子を産んだ。紹興26年(1156年)6月、薨去した。

紹興30年(1160年)、淑国夫人に追封された。紹興32年(1162年)6月4日に皇太子妃に追封され、同年8月に高宗が養子の孝宗に譲位すると、郭氏は皇后を贈られ「恭懐」とされた。紹熙5年(1194年)10月29日、夫の諡を重ねて「成穆」と改諡された。

男子編集

  • 趙愭(荘文太子)
  • 趙愷(魏恵憲王)
  • 趙惇(光宗)
  • 趙恪(邵悼粛王)

伝記資料編集

  • 宋史』成穆郭皇后伝
  • 『宋会要輯稿』

脚注編集

  1. ^ 『宋会要』