成羽町

日本の岡山県川上郡にあった町

成羽町(なりわちょう)は岡山県中西部(川上郡)に位置した。現在は合併により高梁市となり、町役場は高梁市役所成羽地域局となっていたが、2020年8月31日に高梁市成羽複合施設(たいこまるプラザ)内へ移転した。

なりわちょう
成羽町
吹屋
成羽町旗 成羽町章
成羽町旗 成羽町章
廃止日 2004年10月1日
廃止理由 新設合併
高梁市(旧)、有漢町成羽町川上町備中町高梁市
現在の自治体 高梁市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
川上郡
市町村コード 33541-9
面積 81.87km2
総人口 5,760
(2003年11月30日)
隣接自治体 高梁市新見市、川上郡川上町、備中町、小田郡美星町阿哲郡哲多町
町 の木 アカマツ
町 の花 ササユリ
町の鳥 ウグイス
成羽町役場
所在地 716-0193
岡山県川上郡成羽町大字下原1068番地1
旧成羽町役場庁舎位置
高梁市役所成羽地域局(旧・成羽町役場)
外部リンク 成羽町Internet Archive
座標 北緯34度46分51秒 東経133度32分09秒 / 北緯34.78092度 東経133.53589度 / 34.78092; 133.53589座標: 北緯34度46分51秒 東経133度32分09秒 / 北緯34.78092度 東経133.53589度 / 34.78092; 133.53589
旧・成羽町の位置
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

地理編集

吉備高原に位置し大半は高原と山林で占められている。町の中央部を流れる高梁川支流の成羽川沿いに小盆地が形成され町の中心部となっており、江戸時代成羽藩陣屋があった。北部の吹屋地区にはかつて弁柄鉱山があり、その元締めであった広兼氏と西江氏の邸宅が往時の権勢を偲ばせている。また、備中神楽発祥の地として現在でも盛んに神楽舞が行われている。

沿革編集

教育編集

上記各校とも現在は高梁市立となっている。

交通編集

放送編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

成羽町出身の有名人編集

関連項目編集

外部リンク編集