或る雨の午後」(あるあめのごご)は、1939年(昭和14年)1月にディック・ミネがリリースしたシングルであり、楽曲名である。

或る雨の午後
ディック・ミネSPレコード シングル
リリース
ジャンル 歌謡曲 / ジャズ
レーベル テイチクレコード
テンプレートを表示

概要編集

1939年(昭和14年)1月に古賀政男がテイチクを退社、ディック・ミネは作曲者にジャズ・サックス奏者大久保徳二郎を指名、島田磬也の作詞(「和気徹作」名義)、杉原泰蔵の編曲、ディック・ミネ・エンド・ヒズ・セレナーダスの演奏により、『或る雨の午後』は生まれた。この曲で大久保は作曲家としてデビューとなった。

盤面には、『或る雨の午後』については「ジャズソング / タンゴ」と明記され、『上海ブルース』については「ジャズソング」とのみ記されている。『或る雨の午後』のリズムは確かにタンゴであり、ダンスミュージックに分類されるべき楽曲である。

日活京都撮影所が同年の暮れに製作した、マキノ正博監督、片岡千恵蔵主演のミュージカル映画『鴛鴦歌合戦』にディック・ミネが出演し、歌を多く歌い踊るが、そのうち青葉の笛の由来を歌った曲に『或る雨の午後』のメロディがフィーチャーされている。同作のオペレッタ構成・作詞は島田、作曲とオーケストラ指揮は大久保が担当している。同作は、同年12月14日に公開されたが、40数年の時を経て、1985年(昭和60年)渋谷での「マキノ雅裕レトロスペクティヴ」で喝采を受けて以来、カルトムービーとなっている。

『或る雨の午後』は、1989年(平成元年)、戸川純上野耕路らが在籍するゲルニカによってカヴァーされ、彼らの3枚目のアルバム『電離層からの眼差し』(CDアルバム、テイチク)に収録された。

収録曲編集

  1. 或る雨の午後
    作詞 - 和気徹作 / 作曲 - 大久保徳二郎 / 編曲 - 杉原泰蔵 / 演奏 - ディック・ミネ・エンド・ヒズ・セレナーダス
  2. 上海ブルース
    作詞 - 北村雄三 / 作曲 - 大久保徳二郎 / 編曲 - 杉原泰蔵 / 演奏 - ディック・ミネ・エンド・ヒズ・セレナーダス

関連項目編集

外部リンク編集