メインメニューを開く

戦うか逃げるか反応

闘争・逃走反応

闘争・逃走反応(とうそう・とうそうはんのう、英語: fight-or-flight response)は、1929年ウォルター・B・キャノンによって初めて提唱された動物恐怖への反応である[1][2][3]闘争か逃走か反応戦うか逃げるか反応ともいい、戦うか逃げるかすくむか反応(fight-or-flight-or-freeze response)、過剰反応(hyperarousal)、急性ストレス反応(acute stress response)とされることもある。『火事場の馬鹿力』と訳されることもある[4]

キャノンの説によると、動物は恐怖に反応して交感神経系の神経インパルスを発し、自身に戦うか逃げるかを差し迫るという。この反応は、脊椎動物あるいはその他の生物ストレス反応を引き起こす一般適応症候群の初期段階として後に知られるようになった。

目次

身体的な反応編集

恐怖などのストレッサーの刺激が視床下部下垂体に伝達し副腎皮質刺激ホルモン (ACTH)が分泌され、アドレナリンコルチゾールが放出される。その結果以下の変化が起きる[5]

生理学的機能の変化
  • 体の他の部分に回る血を抑制し、優先的に筋肉に血が供給される。
  • 筋肉に血やエネルギー等を供給するため、心拍や呼吸が早くなり、血圧が高くなる。血糖値が上昇する。脂肪の燃焼が促進される。
  • 怪我した際の血液凝固作用が高まる。
  • 筋肉が、より早く、より強く動けるように緊張状態になる。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集