メインメニューを開く

戦争と冒険』(せんそうとぼうけん、Young Winston)は1972年イギリス伝記映画リチャード・アッテンボロー監督の2作目の作品で、出演はサイモン・ウォード英語版ロバート・ショウなど。 第二次世界大戦時のイギリス首相として知られるウィンストン・チャーチルが1930年に著した自伝『わが半生英語版』を原作とし、冒険心と野望を持って戦場をかけめぐった彼の青年時代を描いている[1]

戦争と冒険
Young Winston
監督 リチャード・アッテンボロー
脚本 カール・フォアマン
原作 ウィンストン・チャーチル
わが半生英語版
製作 カール・フォアマン
製作総指揮 ヒュー・フレンチ
ナレーター サイモン・ウォード英語版
出演者 サイモン・ウォード
ロバート・ショウ
アン・バンクロフト
アンソニー・ホプキンス
ジョン・ミルズ
音楽 アルフレッド・ラルストン
撮影 ジェリー・ターピン
編集 ケヴィン・コナー
製作会社 オープン・ロード=ヒュー・フレンチ
配給 イギリスの旗 コロンビア映画
日本の旗 コロンビア映画
公開 イギリスの旗 1972年7月28日
日本の旗 1973年6月2日
上映時間 157分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

第30回ゴールデングローブ賞英語版では外国映画賞(英語映画部門)を受賞している。 第45回アカデミー賞では脚本賞衣裳デザイン賞美術賞の3部門でノミネートされたが、いずれも受賞は逃した。

目次

ストーリー編集

ウィンストン・チャーチルの少年時代から青年時代を中心に、父ランドルフや母ジェニーとの関係を絡めながら、国会議員として初当選を果たし、後の妻クレメンタインと出会うまでを描いている。

キャスト編集

出典編集

  1. ^ 戦争と冒険”. KINENOTE. 2018年12月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集