戦争と女性の人権博物館

戦争と女性の人権博物館(せんそうとじょせいのじんけんはくぶつかん。通称従軍慰安婦博物館)は、大韓民国 ソウル特別市 麻浦区 城山洞にある日本軍慰安婦をテーマにした私立博物館

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 戦争と女性の人権博物館
War and Women’s Human Rights Museum 01.jpg
戦争と女性の人権博物館
施設情報
正式名称 전쟁과여성인권박물관
専門分野 歴史
管理運営 韓国挺身隊問題対策協議会
開館 2012年5月5日
所在地 03967
大韓民国の旗 韓国ソウル特別市麻浦区
ワールドカップ北路11道20[1]
アクセス ソウル交通公社2号線弘大入口駅
下車徒歩約15分[1]
外部リンク 公式ウェブサイト (朝鮮語)
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

2012年5月5日日本軍慰安婦被害者を記憶追慕し、平和のメッセージを知らせるための場所として開館した。日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)が運営し正義連の事務室も兼ねている[2]。建築費は20億ウォン。住宅街の一戸建てを購入し改築した。建築には10年間の市民募金が充てられている。当初はソウル市の支援により西大門独立公園に建てる予定だったが、「殉国先烈に対する名誉毀損」と主張した光復会などの反対により現在の場所に変更した。建物に使用されている45,000枚の黒レンガは、被害者と寄付者が積んだもので平和へのメッセージを意味している。この博物館の建設はワイズ建築によるもので、2012年のソウル建築文化祭でソウル市建築賞の最優秀賞を受賞した。

元・慰安婦日本軍から被害を受けたことを示す資料写真などが展示されており、ソウルの日本大使館前に設置された「平和の像」(少女像)と同じ像も展示されている。

抗議編集

開館から間もなくの6月18日葛飾区議会議員の鈴木信行が施設を訪れ、日本と韓国で領土問題となっている竹島慰安婦問題を関連付けて抗議したが、博物館の女性職員がその手法に異議を唱えた。そのため鈴木は博物館前に「竹島は日本固有の領土」と書かれた「竹島の碑」と称する木製の杭を設置し抗議の意志を表した。

呼びかけ人編集

建設資金寄付者編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 전쟁과여성인권박물관 位置案内”. 戦争と女性の人権博物館. 2020年9月30日閲覧。
  2. ^ 韓国慰安婦団体の不正疑惑、何が問題なのか | 韓国・北朝鮮” (日本語). 東洋経済オンライン (2020年5月30日). 2020年9月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集