メインメニューを開く

VISAシアター 宝塚グランド・ロマン[1]戦争と平和』(せんそうとへいわ)は宝塚歌劇団のミュージカル作品。2部40場[1]

原作はレフ・トルストイの同名小説『戦争と平和[2]』。脚本・演出は植田紳爾[1]。作曲・編曲は寺田瀧雄入江薫

星組[1]公演。

目次

概要編集

植田紳爾は本来の主人公ピエールを語り手とし、アンドレイとナターシャの恋を描く形に潤色した。
榛名由梨[2]専科所属、元月組花組トップスター)、南風まい[2](トップ娘役)、但馬久美[2](専科所属、元星組副組長・元花組組長)、あづみれいかは1988年の東京公演千秋楽を最後に退団。
1988年7月1日付で雪組へ異動した海峡ひろきがこの作品に特別出演し、新人公演では榛名が演じたピエール役を演じた(同作品宝塚大劇場公演出演後、『たまゆらの記』東京公演から雪組生として出演)。
1989年の中日公演ではトップ娘役に就任した毬藻えりがナターシャを演じた(本公演ではないので当時はお披露目公演とは呼ばれなかった)。
ロシアを舞台とする[2]
美しき伯爵令嬢ナターシャと運命的な恋に陥る青年公爵アンドレイを中心に、多彩な人物が様々に絡み合って物語を繰り広げられる歴史絵巻[2]
ピエールはナターシャを密かに愛する役柄である[2]

構成編集

第1部 黄昏の翳りの中で[3]
第2部 雪原に耐えて果敢なく[3]

公演期間と公演場所編集

スタッフ(宝塚・東京)編集

主な配役編集

宝塚・東京編集

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ両公演共通の配役

本公演
新人公演

中日公演編集

  • アンドレイ - 日向薫[8]
  • ナターシャ - 毬藻えり[8]
  • ニコライ - 紫苑ゆう[8]
  • ソーニャ - 綾瀬るり[8]
  • ピエール - 夏美よう[8]
  • ナポレオン - 麻月鞠緒[8]
  • アレキサンドル1世 - 愛甲充[8]
  • アナトリー - 麻路さき[8]
  • ピョートル - 大輝ゆう[8]
  • クトューゾフ将軍 - 萬あきら[8]
  • ラストプーチン大公 - 星原美沙緒[13]
  • エレーナ - 矢代鴻[13]
  • ボルコンスキー公爵 - 小柳日鶴[13](専科より特別出演)
  • イリヤー・ロストーフ - 一樹千尋[13]
  • ナターリヤ - 藤京子[13]
  • 乳母ポコ - 葉山三千子[13]
  • 同ペン - 吹雪仁美[13]
  • ボリス - 千珠晄[13]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 80年史 1994, p. 329、331、338.
  2. ^ a b c d e f g h i 100年史(舞台) 2014, p. 162.
  3. ^ a b 80年史 1994, p. 329、338.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af 80年史 1994, p. 329.
  5. ^ a b c d e 80年史 1994, p. 332.
  6. ^ a b c d 80年史 1994, p. 331.
  7. ^ a b c d e f g h i 80年史 1994, p. 333.
  8. ^ a b c d e f g h i j k 80年史 1994, p. 338.
  9. ^ 80年史 1994, p. 329、331.
  10. ^ 80年史 1994, p. 329-330.
  11. ^ a b c d e f g h i 80年史 1994, p. 330.
  12. ^ 80年史 1994, p. 332-333.
  13. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 339.

参考文献編集

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5