戦力外通告 (小説)

戦力外通告』(せんりょくがいつうこく)は、藤田宜永による日本小説作品。50代男女の群像劇。

戦力外通告
著者 藤田宜永
発行日 2007年5月30日
発行元 講談社
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判変型
ページ数 515
公式サイト 講談社特設サイト
コード ISBN 978-4-06-214020-1
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

中日新聞にて約1年間に渡って連載され、2007年講談社より発行された。

WOWOWドラマWにて映像化され、2009年2月21日に放送された。

目次

あらすじ編集

中堅のアパレル・鳥本で社長の片腕として働いていた宇津木は、社長の突然の死去によって、会社から「戦力外通告」を受け、閑職へ飛ばされ、会社に辞表を叩き付けた。しかし、軽い気持ちで考えていた再就職が、今のご時勢で再就職先も見つからず、妻の恵理子が働き始めたことで、家庭にも冷たい風が吹き始める。そんな時、中学生時代の同級生仲間で、資金不足で中止になりそうな故郷のお祭りを再興しよう、ということになった。

テレビドラマ編集

WOWOWのオリジナルドラマ製作プロジェクト・ドラマWの作品として製作され、2009年2月21日に放送された。

出演者編集

スタッフ編集

外部リンク編集