戦国奇譚 気まぐれ冠者

戰国奇譚 氣まぐれ冠者』(せんごくきたん きまぐれかじゃ)は、1935年(昭和10年)製作・公開、伊丹万作原作・脚本・監督による日本の長篇劇映画である[1][2][3][4][5]。新字体表記『戦国奇譚 気まぐれ冠者[2][4]。1928年(昭和3年)製作・公開、伊丹万作原作・脚本、稲垣浩監督の『天下太平記』のリメイク作品である[1]。一部に本作のタイトル・読みを『気まぐれな冠者』(きまぐれなかんじゃ)とする資料が存在する[3][5]。『戦国譚 気まぐれ冠者』[1]は誤り[2][4]

戰国奇譚 氣まぐれ冠者
Kimagure Kaja 1935.jpg
オープニングタイトル。
監督 伊丹万作
脚本 伊丹万作
原作 伊丹万作
出演者 片岡千恵蔵
田村邦男
市川春代
音楽 高橋半
主題歌 『気まぐれ冠者』東海林太郎
撮影 石本秀雄
製作会社 片岡千恵蔵プロダクション
配給 日本の旗 日本映画配給
公開 日本の旗 1935年5月30日
上映時間 88分
75分 (現存)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 天下太平記
テンプレートを表示

略歴・概要編集

1934年(昭和9年)、『武道大鑑』を監督して日活京都撮影所製作の『忠臣蔵 刃傷篇 復讐篇』の脚本を書いたのちに片岡千恵蔵プロダクションから当時松竹傘下にあった新興キネマに移籍し、新興キネマ京都撮影所で『忠次売出す』を監督した伊丹万作が、片岡千恵蔵プロダクションに出張して監督した作品である[1][4]。当時新興キネマに所属していた俳優陣、市川春代田村邦男ジョー・オハラ、および侍女役の宮川敏子並木錦子が同社から特別出演した[1][4]。配給は、松竹傘下の配給会社日本映画配給が行った[1][2][3][4][5]日本の戦国時代における、経済破壊工作を描く異色作である。本作の録音方式は、塚越成治による「塚越式トーキー」である[4]

本作は、75分尺のヴァージョンの上映用プリントが現存しており、東京国立近代美術館フィルムセンター35mmフィルム16mmフィルムの上映用プリントを所蔵している[2]日活は本作の製作・配給には関わっていないが、かつてVHSベースでのビデオグラムを発売していたことがある[4]

スタッフ・作品データ編集

スタッフ
音楽
主題歌
データ

キャスト編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 戦国譚 気まぐれ冠者 (表題誤記)、日本映画データベース、2013年1月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e 戦国奇譚 気まぐれ冠者東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年1月9日閲覧。
  3. ^ a b c 気まぐれな冠者、 日本映画情報システム、文化庁、2013年1月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 戦国奇譚 気まぐれ冠者日活データベース、2013年1月9日閲覧。
  5. ^ a b c 気まぐれな冠者KINENOTE、2013年1月9日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集