メインメニューを開く

戦火のナージャ』(せんかのナージャ、Утомлённые солнцем 2: Предстояние)は2010年ロシアのドラマ映画。1994年の映画太陽に灼かれて』の続編として製作された2部作の前編(後編は2011年の『遥かなる勝利へ』)で、1940年代の大粛清時代のソ連を舞台に描かれる人間ドラマである。ニキータ・ミハルコフ製作・監督・脚本・主演。

戦火のナージャ
Утомлённые солнцем 2: Предстояние
2008-05-13 Владимир Путин, Никита Михалков (1).jpeg
撮影現場を訪れるウラジーミル・プーチン
監督 ニキータ・ミハルコフ
脚本 ニキータ・ミハルコフ
グレブ・パンフィーロフ
アレクサンドル・ノヴォトツキイ=ヴラソフ
ウラジーミル・モイセエンコ
製作 ニキータ・ミハルコフ
レオニド・ヴェレシュチャギンロシア語版
出演者 ニキータ・ミハルコフ
ナージャ・ミハルコワ
オレグ・メンシコフ
ヴィクトリア・トルストガノワロシア語版
音楽 エドアルド・アルテミエフロシア語版
撮影 ウラジスラフ・オペリアンツロシア語版
編集 スヴェトリック・ザイチ
製作会社 Three T Productions
Golden Eagle
Ministry of Culture of the Russian Federation
配給 ロシアの旗 Central Partnership
日本の旗 コムストック・グループ/ツイン
公開 ロシアの旗 2010年4月22日
日本の旗 2011年4月16日
上映時間 150分
製作国 ロシアの旗 ロシア
言語 ロシア語
製作費 $45,000,000[1]
前作 太陽に灼かれて
次作 遥かなる勝利へ
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

キャスト編集

参考文献編集

  1. ^ Utomlyonnye solntsem 2: Predstoyanie (2010) - Box office / business” (英語). IMDb. 2014年11月16日閲覧。

外部リンク編集