メインメニューを開く
本来の表記は「戴国煇」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

戴 国煇(たい こくき)は、台湾農学者著作家。祖籍は広東省梅県

戴 国煇
プロフィール
出生: 1931年4月15日
死去: (2001-01-09) 2001年1月9日(69歳没)
出身地:  台湾 桃園県平鎮市
(現:桃園市平鎮区
職業: 農学者・著作者
各種表記
繁体字 戴國煇
簡体字 戴国煇
拼音 Dài Guóhuī
和名表記: たい こくき
発音転記: ダイ グオフイ
テンプレートを表示

経歴編集

客家人意識が非常に強く初対面の小説家の司馬遼太郎に対し、「司馬さん、僕客家」と紹介したエピソードを持つ。

1966年4月 - 1976年3月にはアジア経済研究所研究員(主任調査研究員)。

1966年に「中国における甘蔗糖業の発展過程」により東京大学から農学博士の学位を授与される[1]。1976年4月から1996年3月まで立教大学教授[2]として教鞭をとる傍ら、執筆活動にも精を出していた。一時期中華民国のブラックリストに乗っていたが李登輝時代になるとブラックリストから外されたびたび台湾に帰国していた。

1996年には中華民国の総統府国家安全会議諮詢委員に招かれた。

2001年初頭、小林よしのり台湾論を批判していた最中に逝去。告別式には陳水扁などが訪れた。

著作編集

  • 『中国甘蔗糖業の展開』アジア研究所(学位論文)
  • 『台湾史研究 - 回顧与探索』台北遠流出版公司、1985年3月
  • 『台湾』岩波新書、1988年10月(中国語訳『台湾総体相』台北遠流出版公司、1989年9月)
  • 『台湾与台湾人 - アイデンティティを求めて』研文出版、1979年11月
  • 『台湾往何処去』
  • 『華僑 - ―落地生根から落葉帰根への苦悶と矛盾』研文出版、1980年11月
  • 『台湾霧社蜂起事件』社会思想社、1981年6月
  • 『愛憎2・28 - 神話与史実、解開歴史之謎』1992年2月
  • 『台湾結与中国結』台北遠流出版公司、1994年5月
  • 『台湾という名のヤヌス』三省堂、1996年5月
  • 『台湾史探微』台北南天書局、1999年11月(文集第1冊、続巻計画は不明)
  • 『愛憎李登輝 - 戴国煇与王作栄的対話』台北南天書局、2001年2月(没後出版、日本語版は草風館より刊)

参考文献編集

  • 立教大学史学会委員会「戴国煇先生略歴と主要著作目録」『史苑』第58巻第2号、1998年、 99-101頁、 doi:10.14992/00001450

脚注編集

  1. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2017年7月30日閲覧。
  2. ^ 立教大学史学会委員会 1998